「液体ミルク」解禁検討に喜びの声が続々!衛生的で災害時にも便利

「液体ミルク」解禁検討に喜びの声が続々!衛生的で災害時にも便利

  • IRORIO
  • 更新日:2016/10/17

日本でも「液体ミルク」が解禁されそうだ。

解禁に向けて検討へ

菅官房長官が17日の記者会見で、乳児用の「液体ミルク」解禁に向けた検討を進めると語った。

震災時に有用なうえ、男性の育児参加を進める上でも有効だという意見が出たという。

なぜ日本では販売されていない?

液体ミルクはお湯で溶かす必要のない液体状のミルクで、封を切ればそのまま飲める。

海外では広く普及しているが、日本では食品衛生法に基づく省令が粉ミルクの規格しか設けられていないため、国内製造も海外からの輸入も行われていない。

東日本大震災や熊本地震で活躍

日本で普及している粉ミルクは、器具の消毒や70度以上のお湯などが必要なため外出時に荷物がかさばり、災害時に水や調乳環境が不足してミルクを作るのが困難になることも。

2011年に発生した東日本大震災では、フィンランドに住む日本人の母親たちの発案によりフィンランドの液体ミルクが被災地に送られた。

No image

フィンランド大使館」HP

今年4月に発生した熊本地震でも、フィンランドから被災地に緊急支援物資として液体ミルクが届けられた。

WHO「可能な限り、液体ミルクを」

液体ミルクは衛生面でもメリットがある。

世界保健機関と国連食糧農業機構は2007年に、次のようなガイドラインを作成。

高リスクの乳児に授乳する場合、医療機関においては可能な限り、商業的滅菌済みの液体ミルクを使用すべきである。こうした液体ミルクには有害細菌が含まれていない。

厚生労働省 ーより引用

国連食糧農業機構は無菌状態の液体ミルクの方が粉ミルクよりも衛生的だとして推奨しているという。

ネット上に「助かる」という声

「液体ミルク」解禁の検討が進められることを受けて、ネット上には反響が続々。

喜ぶ声が多数投稿されている。

4万人超が署名

液体ミルクはいつ頃から日本で製造・発売されるようになるのだろうか?

日本での液体ミルク製造・販売を目指す団体「乳児用液体ミルクプロジェクト」の議事録によると、新たに製造ラインを設置する必要があるので省令改定の目途がついても、着手から早くて数年は必要だとか。

同団体が実施している液体ミルクの日本での製造・販売を目指す署名活動には、目標5万人に対して既に4万1千人以上の賛同が集まっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
若い社員の転勤嫌い 居心地いい蒲団の中から出たくないだけ
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル『インプレッサSPORT/G4』
アストンマーティンとレッドブルのハイパーカー、「AM-RB 001」...150台が完売
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
  • このエントリーをはてなブックマークに追加