最新ランキングをチェックしよう
がん細胞に身近な風邪薬が有効と判明 今後の膀胱がん治療に大きな期待

がん細胞に身近な風邪薬が有効と判明 今後の膀胱がん治療に大きな期待

  • Doctors Me
  • 更新日:2016/10/20

2016年10月17日(月)北海道大学大学院の研究チームが発表した研究によって、風邪薬に含まれる成分ががん細胞に対し効果的であるのではないか、といったことがわかりました。
この発見により、年間多くの死者を出している「膀胱がん」の治療に大いに役に立つのではないかと大きな話題を呼んでおります。
そこで今回北海道大学大学院の研究チームが行った研究について、医師に解説をしていただきました。人間の膀胱がんの

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界的な学会で「がん免疫療法」が確実に浸透〜ヨーロッパ臨床腫瘍学会(ESMO2017)
ボイジャー打ち上げ40周年記念で、NASAがダウンロードフリーのポスターを公開
日本の人工衛星「しきさい」がまもなく宇宙へ! 気候変動の謎を解き、地球の未来を守れ
植物状態の男性、神経刺激で「意識レベル向上」か 研究
史上初、水中での量子テレポーテーションに成功
  • このエントリーをはてなブックマークに追加