最新ランキングをチェックしよう
がん細胞に身近な風邪薬が有効と判明 今後の膀胱がん治療に大きな期待

がん細胞に身近な風邪薬が有効と判明 今後の膀胱がん治療に大きな期待

  • Doctors Me
  • 更新日:2016/10/20

2016年10月17日(月)北海道大学大学院の研究チームが発表した研究によって、風邪薬に含まれる成分ががん細胞に対し効果的であるのではないか、といったことがわかりました。
この発見により、年間多くの死者を出している「膀胱がん」の治療に大いに役に立つのではないかと大きな話題を呼んでおります。
そこで今回北海道大学大学院の研究チームが行った研究について、医師に解説をしていただきました。人間の膀胱がんの

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【やや人類滅亡】“惑星ニビル”の衝突が来年5月に変更される! 専門家が断言「金融危機と核戦争も発生」「7年間の“艱難時代”に」
生きる化石ウナギザメ 凶悪な面構え! ポルトガルで捕獲
世界史に「千葉時代(チバニアン)」爆誕へ、でも喜べない! 次のポールシフトで地球文明のガチ崩壊も... 恐すぎる大惨事予想4選
3種混合薬で“認知症”物質減少 iPS細胞使い解明
「がんの新常識」意外に知らない医療の最前線
  • このエントリーをはてなブックマークに追加