最新ランキングをチェックしよう
がん細胞に身近な風邪薬が有効と判明 今後の膀胱がん治療に大きな期待

がん細胞に身近な風邪薬が有効と判明 今後の膀胱がん治療に大きな期待

  • Doctors Me
  • 更新日:2016/10/20

2016年10月17日(月)北海道大学大学院の研究チームが発表した研究によって、風邪薬に含まれる成分ががん細胞に対し効果的であるのではないか、といったことがわかりました。
この発見により、年間多くの死者を出している「膀胱がん」の治療に大いに役に立つのではないかと大きな話題を呼んでおります。
そこで今回北海道大学大学院の研究チームが行った研究について、医師に解説をしていただきました。人間の膀胱がんの

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
割と最近発見された10種の奇妙な生物
実験失敗と報じられた「こうのとり」6号機の真実
太陽よりも高い温度の地球の内核はなぜ溶けてしまわないのか?
【衝撃動画】5機のUFO集団がISSに超接近、ノロノロ飛行! カメラに向かって超大胆な存在アピール
月はやがて地球との衝突コースに乗る。その日、母なる惑星はマグマの球と化す。ただしこの結末は650億年後。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加