最新ランキングをチェックしよう
がん細胞に身近な風邪薬が有効と判明 今後の膀胱がん治療に大きな期待

がん細胞に身近な風邪薬が有効と判明 今後の膀胱がん治療に大きな期待

  • Doctors Me
  • 更新日:2016/10/20

2016年10月17日(月)北海道大学大学院の研究チームが発表した研究によって、風邪薬に含まれる成分ががん細胞に対し効果的であるのではないか、といったことがわかりました。
この発見により、年間多くの死者を出している「膀胱がん」の治療に大いに役に立つのではないかと大きな話題を呼んでおります。
そこで今回北海道大学大学院の研究チームが行った研究について、医師に解説をしていただきました。人間の膀胱がんの

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冷戦時代の核実験、宇宙気象に影響を及ぼしていたことが判明
銃弾をも砕くガラス「ルパートの滴」。ようやく仕組みを解明
腸内細菌は本当に効いた?糞便移植の研究で報告されていなかったこと
月探査衛星に隕石が激突「弾丸を上回る秒速7キロ」NASA
鉄だけでも100万x1,000兆ドル!お宝が未曽有に眠る小惑星「プシケ」の探査にNASAが本気をだした
  • このエントリーをはてなブックマークに追加