宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」

宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/10/14

大学ナンバーワン内野手としてプロから注目を集める宮本 丈は走攻守、3拍子揃うバランスの良さが魅力。入学と同時にショートのレギュラーに定着し秋には首位打者に輝くなど安打を積み重ねた。履正社時代には甲子園に2度出場。高校時代に培ったものが今でも生きているという。

“野球”を叩き込まれた履正社時代

No image

宮本 丈(履正社ー奈良学園大)

――リーグ通算100安打達成、おめでとうございます。節目の一打はどんな安打でしたか?

宮本丈選手(以下、宮本):負けてる展開だったので100安打ということは全然意識せずに、スリーベースで同点に追いつけたので打ってから100安打行ったんだ、という感じでした。

――履正社に入るきっかけを教えてください。

宮本:中学2年生の時に岡田監督から声をかけてもらったのと家から近いので。それと大阪の高校で甲子園に行きたかったので。

――甲子園の思い出は?

宮本:良いことと悪いこと、両方経験できたんで。2年生の時は全然自分のプレーできなくて、甲子園全然楽しくないやんという思いだったんですけど、その思いを晴らすために1年間頑張って、自分達の代では1回戦で負けたんですけどヒットも打って、納得いくプレーできたんで、今思えば成長出来た2度の経験でした。

――履正社の練習は自主性重視。そこで学んだことが大学野球でどう生きていますか?

宮本:自主的なことを求められてるところですけど、“野球”ということをめちゃくちゃ教え込まれるので、それは今後も野球やっていく中でずっと生きていくんやろなと思います。口で説明するのは難しいんですけど、理にかなっているというか、スタートを切るタイミングとかチームの決まり事が何十個もあるぐらい細かくて。履正社卒業してるやつらは叩き込まれているので、そこは周りとの差あると思います。

――履正社の練習は木製バットで行うそうですが、そこで学んだこと、意識したことはありますか?

宮本:上の世界行ったら木製なので。それでいい打球を打てるということはいい打ち方してるということなので、どうしたらいい打ち方が出来るかなと意識してやってました。

走攻守で意識していること

No image

宮本 丈(履正社ー奈良学園大)

――奈良学園大を選んだ理由は何でしたか?

宮本:中学の時に行っていた野球教室で才田コーチに教えてもらってたつながりと毎年神宮に出れるところだったので。

――才田コーチには中学時代、どんなアドバイスをもらいましたか?

宮本:上のレベルに行った時に何が大事か言われました。その時はバッティングばっかりやっていたんですけど、上で野球するんやったらバッティングだけ出来るやつとか守備だけ出来るやつはいっぱいいるから全部出来ないと生き残っていけない、というのを中学1年の時に言われてそれは今でも鮮明に覚えてますね。

――高校入ってもバッティング見てもらうことはあったんですか?

宮本:ありましたね。中学の時から良い時と悪い時を見てもらってましたし、ずっと見てくれてる人が大事やと思うので、ちょっとおかしいなと思ったら聞いて修正してきましたね。

――大学1年時から活躍していました。大学の投手に対応するために打撃面で意識したことは何ですか?

宮本:バッティングは高校の後半から伸びてきた感じはあったので高校の時にやってたことが大学でどこまで通用するのか、まずは高校のままでやってみてそれでも対応出来る手応えあったので、そのままのスタイルで、やってきたことを出すという1年目でしたね。

――具体的にどういうスタイルですか?

宮本:体がピッチャーの方に行かないように、軸がぶれないスイングを今でも意識してやってますね。出来るだけ後ろで打つイメージですね。それをやりだしてから打球が飛んだり安定してヒットがでるようになったので、大学でもそれを意識してやってましたね。

――守備面で意識していることはありますか?

宮本:舞洲とかは整備も機械じゃなくて自分達でやりますし、水も撒かないのでそういう球場でここでエラーしたら負けるという場面を乗り越えてきたので。東京だったら人工芝じゃないですか。捕るということに関しては絶対苦じゃないと思うんで。そこは粘りはあると思います。ギリギリまで見るとか安易に行かないんで。それにちょっとでも待ったらバウンド変わるし、舞洲に育てられたっていう自信はありますね。普段のノックでもちょっとでも前で捕ったり目を切ることなくやってます。足を使って1歩でも前で捕るというのは自然と鍛えられてきたところなので、そこは強みだと思います。

――盗塁数も非常に多いですが、盗塁は何を大事にしてますか?

宮本:飛びぬけて足が速い方ではないので、リードの幅とかロスなく二塁ベースにまっすぐ走るとかピッチャーの研究したり、そこで勝負してきましたね。塁に出た時に自然と落ち着けて、準備してきたから集中出来たと思ってるのでそこはずっとやってきました。どんだけ足速くてもそういうところがなかったらいいピッチャー、いいキャッチャーからは走れないので。

2000本安打を打てるような選手に

――進路をプロ1本に絞ったのはいつですか?

宮本:漠然とはありましたけど、大学に入ってからですね。4年間はそれでやると決めていたので。人間本気になったら何でもそれなりのことはできるなと思います。

――プロに行ける、という確信に近いものはいつぐらいからありましたか?

宮本:最近ですね。雑誌に載せてもらうようになって、自分の名前が載ると行けるんちゃうかな。注目されるまでは自分の出来ることを毎日やるだけ。周りに左右されず出来たことは良かったなぁと思います。それがあったから今の位置までたどり着けたと思います。

――最近、というのは春のリーグ戦ぐらいですか?

宮本:いや、春は神宮行けなかったので、まずそこでやばいなと思ったのと、でも首位打者獲ったしなというのもありましたし。3年生の時にバンって行ったのもあったのでそこから伸び悩みというか結果が伴ってない気もしたんですけど、ジャパン行って秋のリーグ戦が始まる前ぐらいですね。ドラフトモードになってネットや雑誌で(自分の名前)が出るようになってくると行けるんかなとか(笑)でも今年何もしていないので、ドラフト直前でもうやり切ったといえる試合にしていきたいですね。

――プロではどんな選手になっていきたいですか?

宮本:入れたら1年でも長く野球出来たらいいなと思ってます。でも将来は1番の目標は2000本安打を打てるような選手になりたいと思ってるので、そのためには長くやらないといけないので、そこは目標にしてますね。

――最後に高校球児へ自分の夢をかなえるためにどんなことが必要なのかメッセージをお願いします。

宮本:人間はどのタイミングで力伸びるかわからないんで、僕は高校3年の終わりかけだったので、高校で名前が出たわけじゃないんですけど、でも野球選手になりたいとかみんな絶対そう思ってると思うので、あきらめずに大学で伸びる場合もあるので、それは自分の取り組み次第ではここまでは来れます。

(インタビュー/文・小中 翔太

注目記事

今年も全国各校の熱い想いを紹介!「僕らの熱い夏2017」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
町の野球少年がドラフト上位候補へ。名将と歩んだ本田仁海の3年間
“文武両道”高知追手前4年ぶり2度目四国大会切符 高知商破る
【2017年ドラフト】 1年夏からレギュラー!増田珠の3年間の歩みを年表でチェック!
「昂(あきら)100%」だ! 大阪桐蔭・根尾特大3ランで3年ぶりV
57チームが頂点目指す 社会人軟式野球・天皇賜杯開会式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加