日本で再出発のFW岩渕、なでしこジャパン復帰 スイス戦の招集メンバー23人を発表

日本で再出発のFW岩渕、なでしこジャパン復帰 スイス戦の招集メンバー23人を発表

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/10/11
No image

22日にスイスと対戦、7月にINAC加入の岩渕に高倉監督も期待

なでしこジャパンが10月22日にスイス代表と長野Uスタジアムで戦う「MS&ADカップ2017」のメンバー発表会見が開かれ、FW岩渕真奈(INAC)が代表に復帰した。

岩渕は2012年夏まで日テレ・ベレーザでプレーした後にドイツ移籍。ホッフェンハイム、バイエルン・ミュンヘンと渡り歩いたが、度重なる負傷にも悩まされて今年の3月いっぱいで退団。帰国してリハビリに専念し、7月からINACに加入していた。9月に入ってから徐々にプレータイムを伸ばし、現在は80分間ほどプレーするところまで回復してきている。

高倉監督は「長くひざの怪我を抱えていて、私が監督になってからも初めのうちは名前が入っていたが、思うようなプレーができず、思い切って手術をして国内にプレーの場を移している。トップパフォーマンスには足りないと思うが、若いうちから代表でプレーして中堅に差し掛かっている。代表での自覚を強く持ってもらいたいと思う。長い時間は出場できないと思うが、チームの雰囲気ややり方にも慣れてもらいたい。得点で貢献してほしいのはあるが、オフの部分で経験を伝えるという役割もある。自覚をもった立ち振る舞いをしてほしい」と、その期待を語った。

また、高倉監督は「チームとして固めていかなければいけない時期もある。ある程度、骨格は今回に選んだ選手がベースになる」とも話し、12月の東アジア選手権や来年4月の女子ワールドカップ・フランス大会に向けたアジア予選へ向け、ある程度の主要メンバーが固まってきたことを明かした。

欧州勢スイスとのテストマッチに向け、「選手は少しずつですが成長しています。しかし、まだ世界のトップレベルで戦うには足りないことがあることを私も選手も理解しながら真摯に戦っています。今回は国内でできるということでたくさんの応援で力を与えてほしいし、国内でやるプレッシャーも感じながら大事なゲームとしてしっかり戦いたい」と高倉監督は意気込んだ。

昨年のリオデジャネイロ五輪への出場を逃し、大変革となった就任から1年余り。多くの選手を試しながら若手にチャンスを与えてきた高倉監督だが、より結果に強くこだわる時期が訪れたことを話している。なでしこジャパンは、スイスを相手にどのようなゲームを見せてくれるだろうか。

なでしこジャパンの選出メンバー23人

22日スイス戦のなでしこジャパンのメンバーは以下の通り。

GK
1 池田咲紀子(浦和)
21 武仲麗依(INAC)

DF
2 高木ひかり(ノジマステラ)
3 鮫島 彩(INAC)
4 熊谷紗希(リヨン)
6 宇津木瑠美(シアトル・レイン)
19 北川ひかる(浦和)
20 万屋美穂(仙台)
22 清水梨紗(日テレ)
23 三宅史織(INAC)

MF
7 中島依美(INAC)
10 阪口夢穂(日テレ)
12 猶本 光(浦和)
13 國澤志乃(長野)
14 中里 優(日テレ)
16 隅田 凜(日テレ)
17 長谷川唯(日テレ)

FW
5 櫨まどか(伊賀)
8 岩渕真奈(INAC)
9 横山久美(長野)
11 田中美南(日テレ)
15 籾木結花(日テレ)
18 上野真実(愛媛)

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
YBCルヴァンカップ、25年の歴史を『FOOT×BRAIN』で一気に振り返る
U17代表、イングランドに0―0もPK戦惜敗...無念16強
後半ATに決勝ゴール!「個が強い」桐生一が団結し、泥臭く戦って逆転勝利!:群馬
伝統校・前橋商がPK戦の末、4強入り。準決勝は宿敵・前橋育英との“群馬クラシコ”に
久保建英「いつか見返す」東京五輪へ飛び級目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加