横山だいすけ、自身も出演した子どもへの愛情たっぷりな“初MV”が解禁!

横山だいすけ、自身も出演した子どもへの愛情たっぷりな“初MV”が解禁!

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/08/11
No image

初めてのMV撮影では緊張した様子を見せた横山だいすけ (C)2017 BANDAI/The Bears' School Movie Project  (C)2017 Genki Kawamura & Kenjiro Sano /Tinny Movie Project

人気絵本シリーズの「くまのがっこう」 と「ふうせんいぬティニー」が、「映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ&ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに!」として、8月25日(金)より全国公開。そんな本作で、主題歌を担当した“だいすけお兄さん”こと、横山だいすけが、自ら出演したミュージックビデオが解禁となった。

【写真を見る】作詞・作曲を担当した水野良樹と横山がタッグ!

本作の作詞・作曲は、現在放牧中の国民的人気バンド“いきものがかり”のGuitar&リーダーの水野良樹が務める。主題歌「さよならだよ、ミスター」は、大人から成長する子供へと贈る応援歌で、ジャッキーとティニーの冒険・成長を優しく見守り、勇気と希望を感じる一曲となっている。

なお横山は、本楽曲でCDソロデビューも決定しており、8月23日(水)に発売される予定だ。

初めてのMV撮影で緊張気味の横山だったが、本MVの監督でBUMP OF CHICKENなど数多くの人気アーティストのMVを手掛ける実力派・東市篤憲監督の演出によって、初めてとは思えないクオリティーの作品が完成した。

MVのストーリーは、ラジオ収録を行っていた横山のもとに、ある主婦から1通のファンレターが届くところから始まる。

“夫いわく、忘れられない子どもの頃の思い出があったそうです。なぜか他の人には会えない友達が居たと聞いたことあったそうです。”この不思議なエピソードから物語が展開。

夏の森の中を歩く少年が、白い服に身を包み葉っぱの仮面を着けた子どもたちと出会い、遊び、別れるまでが描かれる。

男の子の成長を温かく見守り「大丈夫だよ、君は歩き出せる」と優しく背中を押す、横山の姿が印象的なMVとなっている。

子どもたちはこれからたくさんの人やいろいろなものとの出会いを経て、いつかは独り立ちするもの。長い人生を冒険に見立て、可能性に満ちた未来を生きて行く子どもたちと、彼らとの輝かしい瞬間を共にする…。

それこそ、これまでたくさんの親子と触れ合ってきた横山だからこそ表現できる温かさや、子どもへの愛情が感じられる映像となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AKB48総選挙シングルの詳細明らかに、MV撮影で台風の沖縄リベンジ
ナニワ発“ワラカワアイドル”、LovRAVE(ラブレイブ)がデビュー
『マインクラフト』ファンイベント「MINECON Earth」開催決定!―世界中から参加可能に
「おそ松さん」2期EDは大槻ケンヂ、トータス松本ら66年生まれの「ROOTS66」が担当!
キュウソネコカミ、「NO MORE 劣化実写化」の仕様・特典が決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加