鴻海傘下でV字回復 シャープが東証1部に復帰

鴻海傘下でV字回復 シャープが東証1部に復帰

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/07
No image

動画を見る(元記事へ)

業績不振で東証2部に降格していたシャープは7日、約1年4カ月ぶりに東証1部に復帰しました。

シャープは液晶事業の不振などにより、負債が資産を上回る債務超過となって去年8月に東証2部へ降格となりました。その後、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の子会社となり、債務超過を解消。昨年度は3年ぶりに営業黒字となるなどV字回復したことから、7日に東証1部に復帰しました。シャープの株価は2部に落ちた時と比べて4倍以上に上昇しています。シャープは今後、鴻海のネットワークを活用してモノとインターネットがつながるIoTの事業や、8Kディスプレーの分野を成長の柱としていく考えです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今年の漢字は「北」に決まる
今、証券会社のトップ営業マンが続々と転職している「ある職業」
児童手当や高校授業料支援金がもらえない所得のボーダーラインとは? 所得制限を回避する方法
資生堂、米国事業が完全失敗...655億円の巨額損失
パナソニックを手玉に取った香港系ファンドの次の「獲物」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加