最新ランキングをチェックしよう
八木裕、新庄剛志、濱中治......。 惜しかった阪神の“生え抜きスラッガー候補”たち

【プロ野球】八木裕、新庄剛志、濱中治……。 惜しかった阪神の“生え抜きスラッガー候補”たち

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2016/11/29

 今季は筒香嘉智(DeNA)が44本塁打を放ち、山田哲人(ヤクルト)も負けじと38本塁打。2名の日本人生え抜き打者が30本塁打をクリアし、鈴木誠也(広島)も29本塁打。「生え抜き大砲」が火を噴くシーズンとなった。
 この状況にヨダレが止まらない球団といえば、阪神だろう。
 実は阪神は楽天を除く11球団のなかで最も「生え抜き30本塁打」から遠ざかっている。1985年に掛布雅之が40本塁打を放って以降

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新庄剛志氏「野球なんかマジバイト」 “史上最大の金銭トラブル”口座残高44億円が...
野村克也氏 黒田の永久欠番に異議「俺を抜いてからにしろ」
娘の学童での羽根つき大会、親が「うちの子はヘタ」と参加させないのはもったいない!
セクシー斎藤佑、超絶怒濤のキャラ変で開幕候補
元大洋 プロ野球からプロゴルフ 藤池昇龍氏が死去
  • このエントリーをはてなブックマークに追加