最新ランキングをチェックしよう
八木裕、新庄剛志、濱中治......。 惜しかった阪神の“生え抜きスラッガー候補”たち

【プロ野球】八木裕、新庄剛志、濱中治……。 惜しかった阪神の“生え抜きスラッガー候補”たち

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2016/11/29

 今季は筒香嘉智(DeNA)が44本塁打を放ち、山田哲人(ヤクルト)も負けじと38本塁打。2名の日本人生え抜き打者が30本塁打をクリアし、鈴木誠也(広島)も29本塁打。「生え抜き大砲」が火を噴くシーズンとなった。
 この状況にヨダレが止まらない球団といえば、阪神だろう。
 実は阪神は楽天を除く11球団のなかで最も「生え抜き30本塁打」から遠ざかっている。1985年に掛布雅之が40本塁打を放って以降

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
渡部&佐々木希の初共演で浮き彫りになるフジモン夫妻との「格差」
【日大タックル問題】被害者の父が『加害選手の救済』に乗り出す →「みなさんにお願いがあります」
『仮面ライダービルド』挿入歌第2弾「Evolution」、コーラスに実谷ななを起用!作詞家にも直撃
乃木坂46・西野七瀬と“お泊まり”ディレクターに、テレビ界から厳しい声「業界から追放しろ!」
フット岩尾、前代未聞の「日大アメフト部会見」司会者を痛烈風刺 「よく言った!」と称賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加