最新ランキングをチェックしよう
八木裕、新庄剛志、濱中治......。 惜しかった阪神の“生え抜きスラッガー候補”たち

【プロ野球】八木裕、新庄剛志、濱中治……。 惜しかった阪神の“生え抜きスラッガー候補”たち

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2016/11/29

 今季は筒香嘉智(DeNA)が44本塁打を放ち、山田哲人(ヤクルト)も負けじと38本塁打。2名の日本人生え抜き打者が30本塁打をクリアし、鈴木誠也(広島)も29本塁打。「生え抜き大砲」が火を噴くシーズンとなった。
 この状況にヨダレが止まらない球団といえば、阪神だろう。
 実は阪神は楽天を除く11球団のなかで最も「生え抜き30本塁打」から遠ざかっている。1985年に掛布雅之が40本塁打を放って以降

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
楽天 球団史上最多新人3投手が開幕1軍 中継ぎトリオだ
西武ドラ3源田、石毛以来の新人開幕遊撃 同級生有原撃って快幕だ
筒香「日産様の車で」Vパレード約束 日本一98年以来ハマスタに広告
開幕1軍に生き残ったドラ1は3人。田中正義と佐々木千隼の明暗理由とは?
プロ野球2017年シーズン「開幕一軍」全選手まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加