最新ランキングをチェックしよう

「希望の党」は選挙前とはまったく違った党になるかもしれない

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/11/12

内実は「第二民進党」
衆院選での「敗北」の責任問題が「希望の党」小池百合子代表に重くのしかかっている。
選挙前は台風の目として大きな注目を集めて与党を脅かす存在とされた希望の党。だが、フタを開けてみれば公認235人に対して獲得議席数は50にとどまり、55議席を獲得した立憲民主党の後塵を拝して野党第二党に甘んじる結果となった。
敗因は様々挙げられているが、そのひとつは「改憲」や「安保法制」について、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】沖縄・南城市長選で『オール沖縄』勝利
フィリピン訪問の野田大臣 “慰安婦像”に「残念」
百田尚樹「(沖縄・米軍ヘリ機材落下は)全部嘘」、記者に「娘さんは中国人の慰み者」
安倍首相の改憲推進演説、雪のなか抗議の声―中国メディア
【本社・FNN合同世論調査】政権「評価」53% 安倍首相の続投期待高まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加