3年ぶりACLの柏、過去“5勝1分”の全北現代に逆転負け...前半2点リードも38歳アタッカーに屈する

3年ぶりACLの柏、過去“5勝1分”の全北現代に逆転負け...前半2点リードも38歳アタッカーに屈する

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/13
No image

[2.13 ACLグループリーグ第1節 全北現代3-2柏 全州]

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が13日、各地で開幕した。グループEの柏レイソルは昨季Kリーグ王者の全北現代(韓国)に2-3で敗れて黒星スタート。第2節はホームで天津権健(中国)と対戦する。

柏は1月30日に行われたACLプレーオフのムアントン・ユナイテッド(タイ)戦に3-0で勝利し、3年ぶり4回目の本戦進出を果たした。第1節の相手はこれまで6試合を戦って5勝1分けと相性の良い全北現代。敵地での重要な一戦にプレーオフと同じ先発メンバーで臨んだ。

前半2分、FW伊東純也が右サイドを突破し、両チームを通じてのファーストシュートを放ち、FKを獲得。FWクリスティアーノのキックはゴールを脅かせなかったが、ACLプレーオフで1ゴール2アシスト、今月4日のちばぎんカップでも1ゴール3アシストを記録した日本代表アタッカーが存在感を見せた。

前半9分、元新潟のDF金珍珠のクロスをDF中谷進之介が頭でクリアすると、同10分、ついにスコアが動く。中盤で攻守の切り替えが続いた場面で、MF大谷秀和が前線にダイレクトパス。左サイドを抜け出したFWハモン・ロペスがいち早くボールに追い付き、左足ダイレクトシュートで飛び出したGKの脇を突いてネットを揺らした。

先制点を奪った柏はその後も優勢を保ったが、全北現代も強力な攻撃陣がカウンターを狙う。前半18分、PA内に侵入したFWキム・シンウクが浮き球をつなぐと、右に走り込んだFWリカルド・ロペスがフリーでシュート。あわや同点という決定的な場面だったが、GK中村航輔が左足でブロックした。

すると前半27分、柏が追加点を奪う。PA内左深くでボールをキープしたR・ロペスがカットインからシュートを狙うと、GKホン・ジョンナムがキャッチできずにボールを前へ。絶妙なポジショニングで待っていたMF江坂任がワンタッチでゴールに流し込み、大宮からの移籍後初ゴールを決めた。

その後も攻勢を緩めない柏はクリスティアーノ、R・ロペスらが立て続けにシュートを放ち、相手の布陣を上げさせない。前半43分、相手ミドルシュートのディフレクションからネットを揺らされる場面もあったがオフサイド。古巣対戦となったMFキム・ボギョンのカバーリングも光り、前半を2点リードで終えることに成功した。

全北現代はハーフタイム、DFチェ・チョルスンとMFイ・スンギに代えてDFイ・ヨンとFWイ・ドングッを投入し、一気に攻勢をかける。前半4分、MFシン・ヒョンミンのシュートが柏ゴールを襲うと、その後もPA周辺でボールを動かし続ける。

ところが柏も後半7分、伊東のボール奪取からクリスティアーノが中央突破でカウンターをしかけると、4対2の数的優位をつくり出す。しかし、PA内右寄りに抜け出した伊東にボールが渡り、猛スピードからシュートを放ったが、相手DFにスライディングで阻まれた。

すると後半10分、全北現代が38歳のエースが輝きを放つ。MFイ・ジェソンが低い弾道の右CKを送ると、ニアサイドで途中出場のイ・ドングッが強烈なヘッド。豪快にゴールネットを揺らしてACL通算33ゴール目を記録し、ホームチームが1点を返した。

その後も圧倒的に全北現代のペース。197cmのキム・シンウクにボールを集めて攻撃を開始すると、柏のプレッシングを着実にかわしていく。攻め込まれる場面が多くなった柏の下平隆宏監督は後半16分、江坂に代えてMF小泉慶を投入。小泉がボランチに入り、キム・ボギョンが一列前にポジションを上げた。

後半20分、GKのスローイングを奪った伊東がゴール前に攻め込み、クリスティアーノを経由してキム・ボギョンへ。不在のGKの裏を突いてシュートを放ったが、カバーに入ったDFに頭でクリアされ、ゴールを割ることはできず。こぼれ球を拾ったR・ロペスのシュートも右へと外れた。

なおも攻勢を強める全北現代は後半30分、ゴール前約30mからのFKが壁に当たってゴール前に流れると、中村と競り合ったキム・シンウクが浮き球をパス。右ゴールポスト付近で待っていた金珍珠がジャンピングボレーで叩き込み、試合は振り出しに戻った。

追い付かれた柏は後半32分、クロスのこぼれ球を小泉が強烈なミドルで狙い、GKがわずかに触って逃げる。同33分には、DFホン・ジョンホのファウルでFKを獲得すると、クリスティアーノの強烈なシュートがGKを襲った。さらに同35分、小池に代わってDFパク・ジョンスを投入。亀川が右SB、DF中山雄太が左SBに移った。

全北現代は後半39分、自陣からのロングボールに反応したイ・ドングッがPA内で合わせるも、ボールはわずかに右へ外れる。ところが同40分、イ・ドングッはPA内左寄りでボールをキープすると、大きく空いたゴール右隅に向けて右足一閃。華麗に巻いたシュートでネットを揺らし、試合をひっくり返した。

柏は後半43分、大谷に代わってMF瀬川祐輔を入れて、ピッチ内に攻撃のメッセージを送る。44分、PA内に走り込んだ伊東が倒されるもファウルを告げるホイッスルは鳴らず。アディショナルタイムは3分。最後まで前に出ようとしたが、ネットを揺らすことはできず、過去6戦負けなしの全北現代に初めての敗戦を喫した。

●ACL2018特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
渡部暁人スキー接触の不運、独3選手に苦戦も予想
元ジャパネットたかた名物社長が明かす「V・ファーレン長崎、奇跡のJ1昇格」の舞台裏
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
浦和 開幕戦へ“堀のカーテン”強化、お得意FC東京に油断なし
[新人戦]大津の1年生MF樋口が九州決勝で先制弾!地元・宮崎開催の大会で計3発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加