「何枚も 寝顔を連写し 子を起こす」【ダメパパ川柳 #49】

「何枚も 寝顔を連写し 子を起こす」【ダメパパ川柳 #49】

  • It Mama
  • 更新日:2016/11/30
No image

illustrated by It Mama

育児や子育てに対するパパのちょっぴりダメな部分を、自身も1児の娘のパパである筆者の体験談も交えながら川柳で紹介する連載『ダメパパ川柳』。

前回は「休みの日 子どもと遊ばず 寝てるだけ」をお届しましたが、第49回の今回は、寝ている子どもに対するパパのNG行動を詠んでみました。

子どもの寝顔が可愛いのはわかりますが、寝かしつけをしたママからすると、イライラしてしまいますよね。

No image

山田 周平

作家/ライター。Webライター・コピーライターとして、WEBサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆などを行っている。著書に『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(大和出版)

第49回目の「ダメパパ川柳」は…

『何枚も 寝顔を連写し 子を起こす』

◆登場人物◆

No image

illustrated by It Mama

やっと寝かしつけた「ママの苦労」が水の泡に!

子どもの寝顔って、本当に可愛らしいものですよね。

いつまでもずっと見ていられますし、仕事で疲れていても見れば一瞬にして癒されてしまうような効果だってあります。

だからこそ、あまりにも可愛すぎて、写真を撮りたくなっちゃうんですよね。

僕も仕事から帰宅して、娘(えっちゃん)の寝顔を写真に撮っていて、音や気配で起こしてしまったことがあります……。

「いい加減にしてよ! やっとさっき寝かしつけが終わったところなのに!」

「ごめん。えっちゃんの寝顔があまりにも可愛くて……」

「撮るなら、起こさないようにやってよ!」

僕は娘を起こしてしまっただけでなく、妻の怒りまで呼び起こしてしまいました……。

起こしたなら責任もって寝かしつけて!

No image

source:https://www.shutterstock.com/

「寝かしつけ」は、育児の中でも最も大変な作業と言っても過言ではありません。

すんなりと寝てくれればいいですが、グズってなかなか寝ないときなどは、時間ばかりがどんどんと過ぎていき、肉体的にも精神的にも疲れて果ててしまうものでしょう。

それなのに、やっと寝かしつけた子どもを簡単に起こされたりしたら、ママだって怒りが爆発してしまうはず。

「起こしたからには、せめて寝かしつけはやってよね!」というのが本音でもありますよね。

連写・フラッシュ・接近は3大NG行動

子どもの寝顔の写真を撮るにしても、起こさないように静かに“ササッ”と撮るべきです。

スマホを子どもの顔に近づけすぎたり、何枚も何枚も連写をしたりしたら、そりゃ起きてしまうに決まっています。

暗いからといって、フラッシュを焚いて撮るのも、起きてしまう原因になりやすいので注意が必要でしょう。

また、「寝かしつけ」をそこまで大変な作業だと思っていないパパも多いので、休みの日などに何度か経験してもらうと、その実情もわかってもらえるはずですよ。

次回の『ダメパパ川柳』のテーマは、「洗濯物に関するパパのダメ行動編」です。お楽しみに!

【画像】

※ Olesia Bilkei / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボディビルダーの女性が訓練をピタッと止めて3か月→どうなると思う?
「出世する男」が飲み会で必ずしていること6つ
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
ご利益にあやかろう。生まれた時からボーボーの毛のすごいベイビー(イギリス)
耳の上のくぼみ、あなたにはあるか!?100人に1人しか持たないこのくぼみ、実は・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加