プロ注目の強肩捕手大商大・太田主将「まず日本一」

プロ注目の強肩捕手大商大・太田主将「まず日本一」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/13
No image

今秋のドラフト候補に挙がる大商大主将の太田光捕手(撮影・磯綾乃)

今秋ドラフト候補に挙がる大商大の主将・太田光捕手(3年=広陵)が、雪辱の日本一を誓った。

この日はグラウンドに雪も残る寒さの中、奈良・香芝市内の同校グラウンドで汗を流した。

プロ注目の強肩キャッチャーは「まずは大学日本一が一番の目標」と全国制覇を掲げる。昨年は春の全日本大学選手権、秋の明治神宮大会と全国の舞台を2度踏んだ。しかし春は2回戦敗退、秋は1回戦敗退と、苦い思いを残した。

関西6大学リーグでは秋に無敗で優勝するなど圧倒的な強さを見せた。太田自身も春秋連続でベストナインを獲得したが「リーグでどれだけ活躍しても、全国で活躍出来ていない」と唇をかみしめる。

主将としても、昨季からのレギュラーメンバーとしても責任を感じる今シーズン。「チーム全員が同じ日本一の目標に向かっていけるように。神宮を経験したメンバーとして責任はある。その責任を果たしていけば勝てると思う」とまずはリーグ優勝、そして雪辱の全国の舞台へ先頭に立つ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加