NVIDIA、「GeForce GTX 1050 Ti/1050」を25日に発売 - 補助電源なし

NVIDIA、「GeForce GTX 1050 Ti/1050」を25日に発売 - 補助電源なし

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

米NVIDIAは18日(現地時間)、"Pascal"世代のエントリー向けデスクトップGPU「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」を発表した。10月25日に発売し、価格はGeForce GTX 1050 Tiが139ドル、GeForce GTX 1050が109ドル。リファレンス版となる「Founder Editions」は用意せずに、各カードベンダから搭載製品が投入される。

「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」は、PCゲーム入門向けという位置付けの製品で「Grand Theft Auto 5」や「Gears of War 4」などのAAAタイトルや、「Dota2」「OverWatch」といったe-Sportsタイトル、「World of Warcraft」に代表されるMMORPGにおいて、フルHD(1080p)の「medium」あるいは「hign」の画質設定で60fpsを実現するという。

No image

「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」と既存モデルの位置付け

No image

これらの人気タイトルにおいて、「medium」あるいは「hign」で60fps以上のフレームレートを実現するという

また、どちらも補助電源コネクタなしのため、旧世代PCのアップデートに好適なほか、大きな性能向上が見込めるとしている。

No image

補助電源レスで旧世代PCのアップグレードに適しており、古いPCでもすぐに最新ゲームがプレイできるとしている

No image

CPUを刷新するよりも、グラフィックスカードを追加した方が大きな性能向上が見込める

GeForce GTX 1050 Tiの主な仕様は、ベースクロックが1,290MHz、ブーストクロックが1,392MHz、メモリは128bit接続の4GB GDDR5、メモリスピードは7Gbps、TDPが75W、補助電源コネクタがなし、出力インタフェースはDisplayPort×1、HDMI×1、Dual-Link DVI×1。

GeForce GTX 1050の主な仕様は、ベースクロックが1,354MHz、ブーストクロックが1,455MHz、メモリは128bit接続の2GB GDDR5、メモリスピードは7Gbps、TDPが75W、補助電源コネクタがなし、出力インタフェースはDisplayPort×1、HDMI×1、Dual-Link DVI×1。

No image

さまざまなカードベンダが搭載製品を投入する

従来モデルとの比較は以下の通り。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazonで面接を受けるとこんなことが起こる、という体験レポート
AmazonサイバーマンデーセールにAnkerが登場!バッテリーやスピーカー、伝説のポータブル電源まで3日間日替わりでセールを開始!
爆発問題のGalaxy Note7、アップデートで強制的に文鎮化 携帯端末として利用不可に
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
部屋にごちゃつくケーブルは隠してスッキリ&安全に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加