除染作業中に「砲弾」発見 福島市内の住宅の庭

除染作業中に「砲弾」発見 福島市内の住宅の庭

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/17
No image

動画を見る(元記事へ)

除染作業中に砲弾が見つかりました。

見つかったのは、長さ約30センチ直径10センチほどの徹甲弾です。警察によりますと、17日午前8時45分ごろ、福島市内の住宅の庭で除染廃棄物を掘り起こしていた作業員が深さ30センチほどの地中で見つけました。警察が撮影した画像を陸上自衛隊に送ったところ、火薬が入っておらず、爆発の危険性がないと確認されました。
地元の人:「(回収されて)ほっとしたというかね。やはり何もなくて良かったなと」
警察は安全を確認して回収するまで約2時間にわたり、現場から半径100メートルの範囲の立ち入りを規制しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】水難事故装い殺害 浅瀬で顔を沈めたか
シュノーケリング中の悲劇が一転 夫に殺人の嫌疑
【報ステ】自転車ひき逃げ 20歳の大学生逮捕
母が自殺...天涯孤独の男子生徒を教師全員で支えた、とある学校の物語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加