晩秋の空に大イチョウ、古刹の境内を彩る 神奈川

晩秋の空に大イチョウ、古刹の境内を彩る 神奈川

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/07
No image

神奈川県藤沢市の遊行寺の大イチョウ。推定樹齢700年の古木で同市の天然記念物に指定されている(2017年12月7日撮影)。(c)AFPBB News

【AFPBB News】神奈川県藤沢市の遊行寺で、推定樹齢700年の大イチョウが12月に入り見頃を迎え、落ち葉のじゅうたんと青空のコントラストが訪れる市民を楽しませている。

同市の天然記念物に指定されている大イチョウは、高さ約21メートル、幹の周り約710センチメートルの巨木。雄株でギンナンをつけることはないが、35年前の台風で幹が折れる被害から回復し、毎年晩秋の空を覆う黄葉を見せている。AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
もし私が10歳の日本人なら...世界的投資家の「驚愕の問いと答え」
小倉優子、親友のギャル曽根を「絶縁」疑惑が急浮上のワケ!
仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
高橋ジョージ“雪解け”期待...元妻・三船美佳が4年ぶり“帰宅”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加