ロッテ・福浦、2000安打あと「30」 井口監督が本拠地達成を全力サポート

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/04/17

ロッテ・井口資仁監督(43)が、通算2000安打まで残り30と迫っている福浦和也内野手(42)のメモリアルヒットを、本拠地のZOZOマリンスタジアムで達成させる考えを16日までに明かした。

「今、彼は好調ですからね。(達成は)5月の終わり頃か、もっと早くなるかもしれない」と時期を推測。「一塁の守備に就くと疲れも出るからDHでいきます。できれば達成はマリンで、と思っている。僕が調整すればいいわけですから」と説明した。

井口監督自身の2000安打は2013年7月26日の楽天戦。本塁打で記録したが、敵地Kスタ宮城(現楽天生命パーク)だったこともあり「ファンも地元で打つところを見たいでしょう」と続けた。

「自分のことより勝つこと。残り1桁になったら実感するかな」と福浦に気負いはないが、周囲は万全の態勢で記念の瞬間を待つ。 (芳賀宏)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷翔平に“雑なアドバイス”、谷亮子の無責任発言に批判噴出
鷹・今宮が難病の高校球児へバット 「サインはしない」の言葉に込めた思い
久保康友 米独立リーグの球団と合意 阪神、DeNAなどでプレー
横浜は順位が下位ばかりなので早くチームの力になりたいー若者達の思い
阪神・ロサリオはぬるま湯体質だった!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加