オリ競り負け、福良監督が嘆いた6回の攻撃「追いついたけど、追い越さないと」

オリ競り負け、福良監督が嘆いた6回の攻撃「追いついたけど、追い越さないと」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/15
No image

オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】

先発のディクソンにも渋い表情「やられだしたら止まらない」

オリックスは一度は試合を振り出しに戻しながらも、競り負けた。14日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。3点のビハインドから6回に同点としたが、その直後に再度突き放されての敗戦。福良淳一監督は「追いついたけど、追い越さないとダメですよね」と同点止まりに終わった6回の攻撃を嘆いた。

3点ビハインドで迎えた、この回。ソフトバンク2番手・石川の3連続四球で1死満塁とすると、小谷野が右中間を破る走者一掃の適時二塁打を放って同点とした。なおも、1死二塁と勝ち越しのチャンス。だが、続く中島が空振り三振、安達が遊ゴロに倒れて同点止まりに終わると、その裏に金田がつかまって2点を勝ち越された。

先発のディクソンは、先制した直後の4回にデスパイネに2ランを浴びるなど、3点を失ってKO。指揮官は「あんまり良くなかった、立ち上がりから。良くないときの立ち上がりでしたよね、ゼロでは抑えていたけど。ディクソンの場合、やられだしたら止まらない。どうしてもビッグイニングになってしまう」と、助っ人右腕の投球に渋い表情だった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日立製作所・鈴木に10球団視察 ロッテ・スカウト「素材は間違いない」
26日の予告先発 17勝目を目指す巨人菅野、今季無敗ホークス和田が先発
大谷翔平、メジャー移籍濃厚 日ハムはなぜアッサリ手放すのか
【イップスの深層】 給料0円でも、一二三慎太が再び投手に挑むわけ
【MLB】メジャーNO1遊撃手が教科書のような頭脳プレー、解説「子供に見てほしい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加