最新ランキングをチェックしよう
ジャズ系AORのプロトタイプとなったマイケル・フランクスの『アート・オブ・ティー』

ジャズ系AORのプロトタイプとなったマイケル・フランクスの『アート・オブ・ティー』

  • OKMusic
  • 更新日:2017/09/15

グラミー受賞の常連であるプロデューサーのトミー・リプーマとエンジニアのアル・シュミット。70年代に彼らふたりが制作した作品の特徴は、都会的で洒落たサウンドであった。イージーリスニング的な要素もあるが、一方でロックスピリットを失っていない音作りが彼らの才能だと言える。彼らの追求していた音楽は、バーバンクサウンドの裏方として編曲を担当していたニック・デカロが74年にリリースしたソロ作『イタリアン・グラ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
気鋭のソングライター/プロデューサー小島裕規が新プロジェクト「Yaffle」を始動
「ニコニコ超会議2018」入場券が1月20日発売 今年も「超歌舞伎」「超音楽祭」開催
使い切ると美しい作品が完成 アーティスティックなメモ帳「OMOSHIROI BLOCK」が登場
星野源は例外...男性ソロ受難の時代、新スターが出ないワケ
わずか15秒で恐怖を味わわせる短編作品コンテストで、2017年度の1位を獲得したショートフィルム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加