動画で〝美顔盛り〟ができるライブ配信にピッタリな新スマホ「ZenFone Live」

動画で〝美顔盛り〟ができるライブ配信にピッタリな新スマホ「ZenFone Live」

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/13

■連載/一条真人の検証日記

最近はビデオ配信が非常にポピュラーになってきている。男性はあまり気にしていなかったかも知れないが、ライブビデオ配信サイトのツイキャスは女性に非常に人気のあるサービスだったのだが、最近では同じようにライブビデオ配信をするサービスが非常に増えている。

ビデオ配信としてはニコ生もあるが、これは一般ユーザーにはあまり馴染みやすくない。なにしろ、配信のためには有料のプレミアム会員にならなければならないので、普通のユーザーには無料で配信できるツイキャスが好まれてもしかたない。

時は流れ、ライブのビデオ配信は非常に人気のあるものになった。現在のライブビデオ配信サービスは動画をそのまま保存し、ライブ時以外にも見られるのが一般的なので、いつでも配信動画を楽しめるのもいい。

このライブビデオサービスの一般化にはYouTubeがライブビデオ配信ができる「YouTube Live」を始めたことが大きいのかも知れない。しかし、このYoTube Liveは弱点があり、スマホから配信する場合は、チャンネル登録者数が1000人以上でなければならない。これに対してパソコンからであれば、誰でも無料ですぐに配信することができる。

ちなみにニコ生は配信のためにはプレミアムユーザーになる必要があり、月額500円(税抜き)を支払う必要がある。

これに対して、最近の新しいビデオ配信サービスの「ふわっち」などはチャンネル登録者数などにかかわらず、ユーザー登録さえすれば、誰でも無料で配信をすることができる。このふわっちはかなり人気があるサービスでツイキャスの配信者がふわっちで配信を始める場合も多いようだ。

さて、最近のスマホのカメラは、「美人エフェクト」などと呼ばれる機能を搭載するのが普通になってきている。これは肌をキレイにしたり、顔をほっそりさせたり、目を大きくした自撮り写真を撮影する機能だ。

しかし、美人エフェクトは静止画像を撮影するカメラは対応しても、ライブ動画でリアルタイムに「盛る」ことはできない。それを可能にしたのが、ASUSのスマホ「ZenFone Live」だ。現時点ではこの機能は市販デバイスではASUSだけが実現している。

No image

コンパクトなボディのZenFoneLive。

■外観

ZenFoneLiveはコンパクトなスマホだ。そのサイズは実に

高さ約141.1mm×幅約71.7mm×奥行き約7.9mm

bであり、重さは120gに過ぎない。ちなみにそのディスプレイサイズは5.0インチで720×1280ドットのHD解像度になる。コンパクトなスマホとしては標準的なものだ。ディスプレイの表示クオリティは割と標準的という感じで、特にハイクオリティというものではない。

背面を見ていて驚くのはZenFoneシリーズ独特の水面の波紋を細かくした模様が入っておらず、単なるマット仕上げになっている。また、USBポート形状は通常のマイクロUSBだが、高速充電に対応している。

No image

マット仕上げの背面。

No image

底面には普通のマイクロUSBを搭載。

No image

ナノSIM、マイクロSIMに対応したデュアルSIMスロット。

No image

■美人エフェクトLiveでの配信

この機種の特徴であるライブ放送でも美人エフェクトを使うには「美人エフェクトライブ」というアプリを利用する。起動すると、ライブ配信に対応したアプリのアイコンが表示されるので、配信したいアイコンをタップすると、美人エフェクトがかかった状態でライブ配信が可能になる。美人エフェクトLiveが効いている状態での配信ではピンクの半円のアイコンが画面左上に表示される。

ちなみにこの美人エフェクトはライブ放送でない場合でも使うことができ、レベル0からレベル10までの範囲で効果を調節することができる。

No image

美人エフェクトライブ機能。

No image

ライブのためのアプリを選択することができる。

No image

YouTube配信のタイトル入力画面。画面左上に美人エフェクトのアイコンが表示されているのがわかる。

No image

ライブ配信時も美人エフェクトの効果レベルを変えることができる。

No image

レベル10では明らかに肌がすべすべしているのがわかる。

No image

■パフォーマンス

普通に操作しているかぎり、十分な処理能力があり、快適だ。ライブ配信に関してはYouTubeLiveで散歩程度の速度で平地を歩きながら配信するくらいであれば、ある程度のクオリティで配信できたので、あまりハードではないライブ配信に十分なパフォーマンスだ。ちなみにAntutuベンチマークで計測したところ、そのスコアは26442だった。

No image

Antutuベンチマークの結果。

アプリで盛って写真を撮るのが普通になりつつある最近の女性にとっては、ライブ配信でも美人効果をかけることができるこのスマホは期待の製品と言うことができるだろう。また、男でもよりイケメンに配信できるのは言うまでもない。日用品としてのパフォーマンスをクリアしているし、ボディがコンパクトで持ち歩き安いので、多くの人が楽しめるスマホといえそうだ。

ZenFoneLiveはライブビデオ配信でも顔を盛って配信したい女性にお勧めなスマホだ。

■関連情報
「ZenFone Live」サイト
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Live-ZB501KL/

文/一条真人

ITジャーナリスト。雑誌「ハッカー」編集長、「PCプラスONE」編集長などを経て現在にいたる。著書50冊以上で、近著は「Androidスーパーハイウェイ」(Kindle版)。IchijoMasahto。本名:OSAMU SAKATA。

■連載/一条真人の検証日記

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
WPA2に脆弱性、Wi-Fi対応機器の多くが影響を受ける恐れ、パッチで対応可能
Wi-Fiの暗号化技術「WPA2」に脆弱性が見つかる ユーザーは速やかにデバイスのアップデートを
【GEPR】蓄電池に「ムーアの法則」はない
スマホ用キーホルダー型外部ストレージ「Clooudie」は容量不足を解決!
いよいよ10月17日「Windows 10」秋の大型アップデートで何が変わる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加