10時時点の日経平均は前日比13.87円安、村田製、三井不が買い優勢に

10時時点の日経平均は前日比13.87円安、村田製、三井不が買い優勢に

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18
No image

株式会社フィスコ

10時時点の日経平均は前日比13.87円安の16886.25円で推移している。米国株や原油価格の下落を受けて、日経平均は反落スタートとなっているが、売り圧力は限定的で小幅な下落に留まっている。為替市場では、ドル・円は103円70銭台、ユーロ・円は114円20銭台と朝方とほぼ同じ水準で推移。一方、マザーズ指数は前日比0.6%高と寄付きからじりじりと上昇している。

TOPIXコア30銘柄では、トヨタ自<7203>、東京海上<8766>、JR東日本<9020>、JR東海<9022>、ソフトバンクグ<9984>が前日比1%超のマイナスとなっている。一方、村田製<6981>、三井不<8801>が買われている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

<MT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロに1年潜入取材してみた!
日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は大幅に3日続伸、引き続きソフトバンクGが指数けん引
KDDI、元NEC系ISPビッグローブ買収を発表!富士通系のニフティとも交渉中?
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
東京為替:ドルは一時113円13銭まで下落も日本株高継続で下げは限定的か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加