2個目のメダル高木美帆「自分を褒めてあげたい」 姉妹で残りの金メダルへ

2個目のメダル高木美帆「自分を褒めてあげたい」 姉妹で残りの金メダルへ

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/15
No image

小平奈緒(手前)と抱き合う高木美帆

「平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル」(14日、江陵オーバル)

1500メートルで銀メダルを獲得した高木美帆(23)=日体大助手=が1分13秒98で3位に入り、銅メダルを獲得した。世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=は1分13秒82で銀メダルを獲得した。

低地での1000メートル自己ベストを出しての銅メダル。2個目のメダル獲得は「レース内容としてこの体の状況で自分が想定して以上のレースができたので、1500以上に自分を褒めてあげたい」と満足そうに話した。

12組で金メダルを獲得したヨリン・テルモルス(オランダ)が、1分13秒56の五輪記録を出した。「タイムは見ていなかったので、一番になったんだなというのを把握して、それ以上は自分の戦いだと思っていたので、自分の滑りだけに集中して滑りました」と集中しての滑走だった。

5位入賞の10日の3000メートル、銀メダルを獲得した12日の1500メートル、そして中1日での1000メートル。「1500のダメージが思った以上にあって、直前まで自分もどうなるんだろうと思っていた。自分の体がよく戦ってくれたと思います」。苦しい状況の中で存分に発揮した銅メダルだった。

高木美はチームパシュートに姉の高木奈那とともに出場する。姉妹で金色に輝くメダルを目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
小平奈緒にデリカシーのない質問をした「マスコミ批判」収まらず
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
みちょぱの圧巻美ボディにうっとり「憧れる」「大人SEXY」と絶賛の声
泰葉が自己破産、実家からは門前払い
絵の中に何が見える?最初に見えたものであなたの性格がわかるらしい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加