最新ランキングをチェックしよう
おたふくかぜの原因ウイルスの受容体構造を解明

おたふくかぜの原因ウイルスの受容体構造を解明

  • QLife
  • 更新日:2016/10/19

抗ウイルス薬開発につながる大きな成果
画像はリリースより 九州大学、筑波大学などの共同研究グループは、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルスであるムンプスウイルスがヒトに感染するために使う受容体の構造を解明したと発表しました。同時に、受容体とウイルス糖タンパク質が結合した状態を原子レベルで可視化することにも成功しており、既存のワクチンの改良や、抗ウイルス薬開発への道が開かれたと期待が寄せられ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
線虫は嫌いな匂いから遠ざかるために「意思決定」する - 阪大が遺伝子を発見
【ガチ】地球生命が火星からやって来た2つの科学的根拠とは? 米教授「われわれは火星人」
JAXA、宇宙で長期保存した精子DNAの正常性を確認- 人類の宇宙生殖に可能性
クモ毒由来ペプチド改良で抗体の効率的な細胞内輸送が可能に - 京大
海外の富裕層が押しかける「診療所」をほとんどの日本人が知らない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加