最新ランキングをチェックしよう
おたふくかぜの原因ウイルスの受容体構造を解明

おたふくかぜの原因ウイルスの受容体構造を解明

  • QLife
  • 更新日:2016/10/19

抗ウイルス薬開発につながる大きな成果
画像はリリースより 九州大学、筑波大学などの共同研究グループは、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルスであるムンプスウイルスがヒトに感染するために使う受容体の構造を解明したと発表しました。同時に、受容体とウイルス糖タンパク質が結合した状態を原子レベルで可視化することにも成功しており、既存のワクチンの改良や、抗ウイルス薬開発への道が開かれたと期待が寄せられ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
摘出手術をしない「乳がん新薬」! 小林麻央さんが通った代替医療クリニックは業務停止に
猫のワクチンてどんなもの?必見!知っておきたい正しい基礎知識
【ガチ研究】死人の脳が「眠っている人の脳」と同じ活動をしていることが判明! 死はノンレム睡眠状態だった!
「AIにノーベル賞を取らせる」──ソニーコンピュータサイエンス研究所所長が語る「AIと生物学の未来」
本当の「地球の裏側」が一発で分かるサイトが面白い! 自分のいる場所を掘り続けていくとココに出る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加