最新ランキングをチェックしよう
おたふくかぜの原因ウイルスの受容体構造を解明

おたふくかぜの原因ウイルスの受容体構造を解明

  • QLife
  • 更新日:2016/10/19

抗ウイルス薬開発につながる大きな成果
画像はリリースより 九州大学、筑波大学などの共同研究グループは、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルスであるムンプスウイルスがヒトに感染するために使う受容体の構造を解明したと発表しました。同時に、受容体とウイルス糖タンパク質が結合した状態を原子レベルで可視化することにも成功しており、既存のワクチンの改良や、抗ウイルス薬開発への道が開かれたと期待が寄せられ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今冬の日本はインフルWパニック!? 深刻なワクチン不足に中国で強毒型の鳥インフルが猛威!
核融合発電の最大の障壁「ヘリウムバブルによる金属脆化」を解決する構造が初めて発見される
【ガチ】自分のDNAをハックして編集する「バイオハッカー」が出現、激ヤバ人体実験をライブ中継! 10秒で“遺伝子と人生”を変える瞬間
シロナガスクジラも「右利き」が多数派 捕食行動分析で判明
寿司に欠かせない「海苔」の生産を救った知られざるイギリス人植物学者とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加