キングジム、ぼっち外出向け見守りアラーム TRENE 発表。振動センサ+Bluetoothで置き引き阻止、Makuakeで出資募集中

キングジム、ぼっち外出向け見守りアラーム TRENE 発表。振動センサ+Bluetoothで置き引き阻止、Makuakeで出資募集中

  • Engadget
  • 更新日:2017/10/11
No image

調査せずに新規概念商品を連発する会社キングジムが、今度は「離席時の荷物見守りデバイス」TRENEを発表しました。

TRENE は手の中サイズの小さな重りのようなデバイスで、カフェなどで荷物から目を離す際、上に載せて使う製品。加速度センサ(モーションセンサ)とLEDライト、音声アラームを搭載しており、動きを感知するとライトと音で警告を発します。

専用のスマートフォンアプリとBluetoothで連携しており、トレネから離れてBluetooth接続が切れると見守りモードがオン、戻ってくるとオフになり動かしても鳴らない動作をします。

トレネはキングジムとして初めて、クラウドファンディングのMakuakeを通じて支援販売することもトピックです。キングジムいわく、クラウドファンディングを選んだ理由は購入希望者とのコミュニケーションチャンネルとして、フィードバックを募るため。

目標金額も50万円と低く、先着順の早割にどんな客が食いつくか、どんな反応が出るかを調べたいことが主目的のようです。期間は本日10月11日開始で残り91日。

価格は想定の市販価格が6800円+税。Makuakeでは、先着で30名分が30%引の税込5140円、50人分が税込み20%オフ5875円。クラウドファンディング中は個数無制限で10%引き6610円。

支援者への出荷は2018年1月予定。

No image

質疑。

ーー名前の由来は?

盗れねえ。

ーーバッテリーは?

満充電で約20時間(1時間につき1分アラーム、4分警戒、55分待機で)。

ーーBluetoothの範囲は?

スマホとのセパレーションアラームはBluetooth 4.1で、離席判定の範囲は基本約10m。

ーーAndroid対応は?

アプリの対応は今のところiOSのみ。Androidは今後のクラウドファンディングで反響があった場合に検討する。

スマホで置き忘れを防止するセパレーションアラーム機能を備えたBluetoothタグはよくありますが、トレネは逆に、離れたところでオンになる振動アラームです。

Makuakeのプロジェクトページはこちら。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国立天文台が作った「宇宙の広さを体感できる映像」がスゴい!!
【最新有機ELテレビ徹底解剖】AIを駆使してHDRを復元する有機EL 4Kテレビ『レグザ 65X910』
大人のおもちゃ「アナルプラグ」をハッキングして第三者が自由にコントロール可能に
ソフトバンク、iPhone Xの価格を発表
あおり運転の記録を残せる、1台のカメラで360度撮影できるドラレコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加