岡崎出場8分「出たら出たで何か残さないと」

岡崎出場8分「出たら出たで何か残さないと」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20
No image

後半40分から出場した岡崎(中央)(撮影・PIKO)

<欧州CL:レスター1-0コペンハーゲン>◇1次リーグG組◇18日◇レスター

レスターFW岡崎慎司は後半40分からピッチに立ち、欧州CL3戦目で初出場を果たした。

交代前はタッチラインでしばらく待たされ「どんだけ延ばすねんという感じで思ってましたけどね」と苦笑い。ピッチに入ると、ファーストタッチのトラップの際に勢い余ってスリップしてしまったが、「愛嬌じゃないけど、自分らしいなと思う。そのくらい自分はエネルギーに満ちあふれていると思っているので、恥ずかしい1歩だったけど、ここからが1歩かな」と前向きにとらえた。

ロスタイムにはペナルティーエリア右手前でこぼれ球を拾いシュートチャンスとなったが、パスを選択した。「シュートへ行ってもよかったが、正直いって僕にはシュートのプランがあんまりなかった。あの時間帯でシュートに行くこと自体がリスクでしかない。シュートを打つなと言われたからシュートを打たなかったわけじゃない。自分の判断」。

欧州CL出場を果たしたが出場時間は5分プラスロスタイムの3分。「ちょっとでもいいから出たいと思っていたけど、やっぱり出たら出たで何か残さないと。このまま、『岡崎はCL出ました』で終わっても、何も自分の中ですっきりしない。この5分をどうにか10分なり15分なりに変えていく方法を考えていきたい」と先を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なでしこ上尾野辺「変革です」最年長いじられ新境地
  • このエントリーをはてなブックマークに追加