大幅な配送遅延だった伸縮センサー内蔵ボディースーツ「ZOZOSUIT」、お届け見通しが立つ

大幅な配送遅延だった伸縮センサー内蔵ボディースーツ「ZOZOSUIT」、お届け見通しが立つ

  • MdN
  • 更新日:2018/04/26
No image

イメージ

株式会社スタートトゥデイは26日、大幅な配送の遅延が生じていた伸縮センサー内蔵ボディースーツ「ZOZOSUIT」について、注文したユーザーへ「お届けできる見通しが立ちました」と発表した。

「ZOZOSUIT」は2017年11月に発表され、着用することで着用者の体のサイズを瞬時に計測できるというスーツ。そのハイテク振り、そしてそのデータを注文に役立てられるということで話題になった。また、スーツ自体は無料で送料の200円だけという価格設定も大いに注目の的となった。

No image

イメージ

しかし、申込みから半年が過ぎても「ZOZOSUIT」が手元に届いていないユーザーは多く、既に注文したことを忘れている人も多いかと思われる。

同社では、技術改革と研究開発により大幅な仕様改良に成功したために、今後の配送の見通しが立ったとしている。

なお、改良されたZOZOSUITの具体的な内容や、お届け時期については、4月27日16時からZOZOTOWNサイト上で正式発表を行い、ユーザーにも改めてメールで案内するとしている。

「ZOZOSUIT」
URL:http://zozo.jp/zozosuit/
2018/04/26

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人工知能(AI)が人類を驚愕させた10の瞬間
エイチ・アイ・エスモバイル、格安海外データSIM「変なSIMカード」のサービスを7月開始
iPhone活用術:間違ってコンピュータを「信頼」してしまったときの対処法
ざっくりしたドットがむしろ心地良いIoT時計「LaMetric Time」、在庫復活してるよー
ドンキの進化が止まらない。2万円でメモリモリモリ(4GB)のWindowsタブレットPCが登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加