自分のことを「○○さん」と呼ぶとメンタルが強くなるってホント?

自分のことを「○○さん」と呼ぶとメンタルが強くなるってホント?

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/13

人と話を交わすことは概して楽しいことだろう。仕事で単独の作業をしていた場合などには、ちょっとした雑談が息抜きにもなる。その一方であまり意味のない会話はしたくないという人もいそうだが、こうした日常生活の会話と幸福度を探った興味深い研究が報告されている。

No image

■幸せな人々は普段どんな話をしているのか?

仕事上で面識のある人や隣人などに出くわした際、挨拶をする場合もあれば、向こうが気づいていないと思えばそのままやり過ごすこともあるだろう。エレベータなどに同乗していた場合は挨拶だけでは手持ち無沙汰になり、天気の話などのちょっとした雑談を交わしたりもするケースもある。

日常生活の中でこうしたスモールトークが多いかどうかは、その人の生活スタイルや交遊範囲の広さなどでずいぶん違ってくるだろう。そしてこうしたスモールトークが好きな人もいれば苦手な人もいる。

米・アリゾナ大学の研究チームが2010年に発表した研究では、実際に79人の学生に4日間小型レコーダーを装着してもらって日常生活でどんな会話をしているのかを録音し分析している。そして各人に生活の幸福度を報告してもらったのだ。

No image

MSN」より

レコーダーは12分30秒毎に30秒間の録音をするように設定してあり、日常生活の中でのさまざまな会話の断片が収集され、4日間の会話の断片はその内容によって分類された。例えば天気の話題のようなスモールトークから、学問の話題や悩み相談などのカテゴリーに分けられたのだ。

分析の結果、興味深い実態が明らかになった。最も幸せな生活実感のグループでは日常生活の会話の約半分が意味深い内容の会話で、スモールトークは会話の10%を占めるに過ぎなかったのである。

一方、幸福感が低いグループでは会話の3割はスモールトークが占めていて、意味深い内容の会話は22%しかなかった。

もともと幸せな環境にある人が意味深い内容の話をしがちなのか、それとも意味深い内容の話をする機会が増えることが幸せな生活実感に繋がるのか? アリゾナ大学の心理学者であるマティアス・メール氏によれば、どちらが先というよりも、意味深い会話と幸せな生活実感は“手を携えて”やって来るということだ。

もちろん意味深い内容の会話は話す相手を選ぶことになり、時には論争も招きかねない。しかしそのリスクがあっても意味深い会話は相手との結びつきを深め、生活を充実したものにしてくれるということだろう。友人知人や家族との会話において、その内容に少し気を配ってみてもよさそうだ。

No image

■自分で自分のことを“○○さん”と呼んでみたら……

心を通わせあう会話は、それだけでもストレスを緩和しメンタルの健康に好影響を与えることが各種の研究で指摘されているが、忙しい生活の中では人とじっくり深い話をする機会がなかなか作れないという向きも少なくないだろう。

しかしそうした時間のないビジネスパーソンにも朗報が届いている。自分1人でもメンタルの健康が維持できる“会話”の方法が最新の研究で指摘されている。その方法とは単純で、自分で自分のことを“○○さん”と3人称で呼ぶことだ。

米・ミシガン大学とミシガン州立大学の合同研究チームが先ごろ「Nature」で発表した研究では2つの実験を通じて、自分を3人称で形容することが、ストレスとネガティブな感情からの悪影響を緩和し、感情のバランスを保つことを報告している。

No image

Science Alert」より

最初の実験では、37人の大学生に脳波を計測するEEGという装置を頭に着けた状態でいくつかの画像を見せて、どのように感じたかを報告してもらった。画像の中には心を揺さぶられるショッキングな画像も混ぜられていた。そして画像を見て感じたことを表現する際に主語を「私は〜」という1人称と、「(自分の名前)は〜」という3人称の2通りで表現するように求められた。

一連の作業中の脳波をモニターした結果、ショッキングな画像を見せられた際、3人称表現をすることで感情の起伏が急速に沈静化することが確かめられた。

2番目の実験では、52名の学生の脳活動の動きをfMRI(機能的磁気共鳴映像装置)でモニターしながら、それぞれに過去の悲痛な体験談を語ってもらった。その際にも、1人称と3人称の2パターンで話したのだ。

体験談を語る学生たちの脳をモニターした結果、3人称で話している時は1人称の時よりも悲痛な体験に関与していると思われる前頭前皮質の中ほどの領域の活動が抑制されていることがわかった。

この2つの実験で、自分を3人称で呼び客観視することで、心を揺さぶられる場面でもより冷静でいられ、精神的によりタフでいられることが指摘されることになった。気になった向きは自分のことを「○○さん」と呼んでみる癖をつけてみてもいいのかもしれない。人前でうっかり出てしまわないよう気をつけなくてはならないが……。

■ペットに話しかける人は知性が高い!?

会話する相手は何も人間でなくてもよいことを専門家が指摘している。ペットと会話する人はむしろ人間の知性とクリエイティビティをあらわしているというのだ。

ペット愛護家にとっては予期せぬ嬉しい話題だが、これは実は人間独特の物の見方である擬人化能力にまつわる話で、ペットにとどまらず植物や自動車などに名前をつけて話しかけること全般に通じる。

米・シカゴ大学の行動科学者であるニコラス・エプリー教授によれば、擬人化能力は人間がユニークな知性を持った存在であることの副産物であり、人間の独特の知性と創造性をあらわす能力であるということだ。

No image

Bustle」より

ある時期の子どもは人形やぬいぐるみなどにもよく話しかけるが、それはその子どもの知能が育まれていることの証であるという。そしてこれは大人になっても止める必要はないということになる。

とはいえペットや人形などならまだしも、単なる身の回りの物体に話しかけるというのはちょっとアブない感じ(!?)がして、ほとんどにとってあり得ない行為だろう。

だが、少し興味深い実験結果も報告されている。物品の名称を口ずさんでいると、その物品の発見が早まるというのだ。2012年に発表された研究では、20人の実験参加者に初訪問のスーパーで特定の品物をなるべく早く買ってくるという実験を行なっている。その際、店の中では無言で買うパターンと、品物の名前を口ずさみながら探して買うという2パターンで実験が行なわれた。

結果はやはり、商品の名前を口にしながら探したほうが発見が早いことが判明したのだ。これはつまり、目的のモノの名をつぶやくことで注意力や探知能力がアップしていることになる。独り言には何かとネガティブなイメージがあるが、メンタルの健康のためにも認知機能の向上のためにも、もっと口を動かしてもよさそうだ。

文/仲田しんじ

フリーライター。海外ニュースからゲーム情報、アダルトネタまで守備範囲は広い。つい放置しがちなツイッターは @nakata66shinji

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【アンパンマンは君さ】この歌詞の深さよ! 『アンパンマンたいそう』を深読みしたらマジで泣けた / 時を越えた “作者からのメッセージ” のよう
合コンで「女性たちをドン引きさせた企業」ランキング 飲み会芸はもはやNG?
日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」驚くべき実態
「仕事ができない」を他人のせいにする人の特徴5選
男から高い婚約指輪を貰う代わりに、女は何を差し出す?結婚に必要なたった1つのこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加