ウクライナ代表、EURO2020新ユニフォームを発表!ロシア“激怒”も着用決定

ウクライナ代表、EURO2020新ユニフォームを発表!ロシア“激怒”も着用決定

  • Qoly
  • 更新日:2021/06/10
No image

サッカーウクライナ代表とキットサプライヤーのJomaは7日、2021新ユニフォームを発表した。

そのデザインにロシア政府が激怒したという新ユニフォームは、同日に行われた国際親善試合でお披露目となった。

Ukraine 2021 Joma Home

No image

今回発表となったEURO2020新ユニフォーム。当初は昨年7月に発表された2020年モデルで大会に臨むと目されていたが、開幕直前で新ユニ発表となった。ただ、そのデザインにロシア政府からクレームが入り、物議を醸している。

No image

新ユニは前面にウクライナ国土のシルエットを描くデザインだが、そこにロシアが併合を主張するクリミア半島、親ロシア分離独立派が実効支配するドネツクとルガンスクも含まれていたことから、ロシア側が強く反発していた。

だが、欧州サッカー連盟(UEFA)はデザインについて「問題なし」との判断を下し、本大会での着用が認められている。

No image

ホームキットのカラーは伝統のイエローとブルーで構成。この2色は国旗色で、ブルーは空、イエローは小麦を表す。

No image

新ホームユニフォームは7日に行われたキプロス代表戦で初登場。試合は4-0で勝利を収めている。

No image

パンツとソックスもイエローを基調としたデザインに。エンブレムを胸中央に配するため、胸番号は左に付く。

Ukraine 2021 Joma Away

No image

アウェイユニフォームは従来通りブルーを基調としたデザイン。国土のシルエットは各キット共通となる。

【関連記事】マニアは永久保存版!2018ロシアW杯、全チーム「集合写真まとめ」GS第1節

Ukraine 2021 Joma Third

No image

EURO2020に向けてサードキットも投入。ホワイトを基調にゴールドの差し色というデザインは、ウクライナのユニフォームでは珍しい。

EURO2020ではグループCに所属のウクライナ。グループステージは13日にオランダ、17日に北マケドニア、そして21日にオーストリアと対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加