京都・南座で「まねき上げ」 歌舞伎公演の成功願う

京都・南座で「まねき上げ」 歌舞伎公演の成功願う

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

京都に年の瀬の訪れを告げる歌舞伎の「吉例顔見世興行」を前に出演する役者の名前の看板を掲げる「まねき上げ」が25日に行われました。

「吉例顔見世興行」は毎年12月ごろに歌舞伎発祥の地・京都の南座で東西の名優が出演する公演です。

「まねき上げ」は劇場の前に役者の名前が書かれた看板を掲げるもので、“勘亭流”という独特の書体には「劇場の隅々までお客さんが入るように」という願いが込められています。

公演の成功を祈る「塩まきの儀」は新型コロナの影響で劇場関係者のみで行っていましたが、今年は3年ぶりに一般の人も参加しました。

「吉例顔見世興行」は、来月4日から25日まで行われます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加