「有吉の壁」カベデミー賞、一切説明なかったパンサー向井は「全財産直美」だった

「有吉の壁」カベデミー賞、一切説明なかったパンサー向井は「全財産直美」だった

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/09
No image

パンサー向井慧

7日に日本テレビ系で放送された「有吉の壁SP」で、「日本カベデミー賞」では、多くの芸人がさまざまな扮装で登場し、爆笑をさらったが、賞にノミネートされなかったパンサー向井がツイッターで、自分のコスチュームを説明している。

「カベデミー賞」では助演女優賞、助演男優賞、主演女優賞、主演男優賞が発表。ホテルの宴会場で、丸テーブルに一見だれだか分からないコスチュームで多くの芸人が座っていた。

受賞者やノミネート者は映し出されるも、一部にはその横で見きれるだけで、一切紹介されなかった芸人も。その中の1人がパンサーの向井。サザエさんのような髪型で薄いブルーの女性のコスチュームだったが、向井はツイッターで「因みに、カベデミー賞の僕は財前直美さんの真似で『全財産直美』というキャラでした」と説明していた。

また、一瞬だけ出てきた「エロ・シーラン」は、三四郎の相田周二。やはりツイッターで、リチャード・ビア(かもめんたる・槇尾)との2ショットを投稿すると、ファンから「似すぎ」などの声が上がっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加