阪神・岩貞 無死満塁の大ピンチで救援登板 大城に勝ち越し打を許す

阪神・岩貞 無死満塁の大ピンチで救援登板 大城に勝ち越し打を許す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

6回、大城に勝ち越しの2点適時右前打を打たれた岩貞(撮影・堀内翔)

「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

阪神が1点リードの六回、巨人打線に5本の安打を集中され、3失点で逆転を許した。

この回、先発の高橋が、松原からの上位打線に4連打を浴びて同点とされ、なおも無死満塁のピンチで岩貞にスイッチ。火消しを託した。中島を空振り三振に斬ったが、続く大城との対戦。

初球、高めに浮いたスライダーを狙われ、右前適時打で2失点。続く吉川尚を二ゴロ併殺に斬ったが、痛恨の2失点となった。

負ければ自力優勝の可能性が消滅し、巨人にマジックナンバー「38」が点灯する一戦。この試合、初めて巨人にリードを許す展開となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加