【金沢・ノトキリシマ賞結果】単勝1.0倍のサブノタマヒメが6馬身差V

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/05/02

2日、金沢競馬場で行われた第2回ノトキリシマ賞(3歳・牝・重賞・ダ1500m・1着賞金250万円)は、2番手でレースを進めた栗原大河騎手騎乗の1番人気サブノタマヒメ(牝3、金沢・金田一昌厩舎)が、3コーナーで先頭に立って後続を突き放し、2着の3番人気ラッシュフェイス(牝3、金沢・金田一昌厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒7(不良)。

さらに1馬身差の3着に2番人気ハクサンエガオ(牝3、金沢・加藤和義厩舎)が入った。

勝ったサブノタマヒメは、父プリサイスエンド、母カイテキセレブ、その父ティンバーカントリーという血統。前走の名古屋・東海クイーンCでは9着に敗れたが、地元に戻ったここでキッチリと巻き返した。重賞は3勝目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加