27歳のスペイン人SBを巡りPSGとバルサが激突

27歳のスペイン人SBを巡りPSGとバルサが激突

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/02/21
No image

フアン・ベルナト

FCバルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)がまたもや激突する可能性がある。バルサは今もなお、ジョルディ・アルバに休息と競争を与えられる左サイドバックを探している。ジュニオール・フィルポは期待通りには行かず、クラブの枯渇した経済状況では多額の投資は叶わない。その意味で、シーズン終了後に契約を終えるフアン・ベルナトに注目している。

ネイマール撃沈 関係噂されたモデル美女とローマMFの交際が発覚

PSGのスポーツディレクター、レオナルドは契約の更新に向けてベルナトの代理人と会っているが、現時点では合意を得られていない。PSGは27歳のスペイン人選手との契約延長を優先させたいが、選手側は複数回にわたって提案を拒否していると『L'Equipe』は伝えている。

ベルナトは昨年9月の負った左膝の前十字靭帯断裂から回復途中にある。この大怪我により、トップフォームを取り戻せるかは未知数であることは事実だが、これまでの実績とパフォーマンスに疑いの余地はない。

彼の復帰は3月中旬に予定されていて、すでに28歳を迎えている。バルサもまた、獲得に行く前に彼のコンディションをチェックする必要があるだろう。

フアン・ベルナトは2018年夏にバイエルン・ミュンヘンからパリに到着したが、バイエルン時代にも膝の靭帯断裂を経験している。怪我の多さも彼のキャリアを傷つける理由の一つだ。パリでの3シーズンでは76試合に出場し6ゴール10アシストを記録している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加