シュタイフの日本限定シリーズ「リトルサンタ2022」が予約販売開始!

シュタイフの日本限定シリーズ「リトルサンタ2022」が予約販売開始!

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2022/09/23
No image

世界で初めてテディベアを生み出したドイツ創業の老舗ブランド「シュタイフ」の日本総代理店MS1880は、「シュタイフ」公式オンラインショップ、取扱店舗にて「リトルサンタ2022」を順次発売する。

また、その発売に先駆け、9月16日(金)より、公式オンラインショップ及び一部店舗にて予約販売を開始した。

日本限定シリーズ「リトルサンタ」

No image

「リトルサンタ」は、1997年から毎年、日本限定クリスマスモデルとして発表されているテディベア。毎年、モチーフを変えて発売され、デザインの可愛らしさが好評を博している。

第1作が発表されたのは1997年で、今年で25作品めとなる。

2022年のテーマは「Noel」

No image
No image

テディベア誕生120周年となる本年のテーマは、フランス語でクリスマスを意味する「Noel」。 サンタ帽、ケープ、ヒイラギモチーフなどでクリスマスを演出していた昨年までのデザインとはひと味ちがった切り口で、「Noel」という文字でクリスマスが表現されている。

「Noel」はラテン語「Natalis=誕生」が語源。テディベア誕生120周年、リトルサンタ誕生25周年という節目にもふさわしいキーワードとなっている。

モヘアのカラーは、「誕生」から連想するワード「無垢」を表現したホワイトが基調。アクセントとなるフーディマフラーのミルキーブラウン色は、ベア本体のカラーやゴールドのブローチを引き立て、調和のとれるカラーとなっている。ベアの表情は少しあどけない表情で、生まれたばかりの赤ちゃんを意識しているという。

「リトルサンタ2022」の特長

No image

同製品は、クリスタル付きの「Noel」のブローチがアクセントになっている。ブローチは取り外しが可能。

No image

暖かそうなフ―ディーマフラーは軽く巻いたり、タイトに結び顔周りにボリュームを持たせたりと、好みに合わせて変えられる。

No image
No image

右足には年号の「2022」、左足には「Little Santa」の刺繍入り。

足の刺繍のフォントにはこれまでになかったクラシカルな筆記体が使用されており、 刺繍糸もゴールドを使うことで、可愛いながらも大人な雰囲気に仕上げられている。

No image

耳には、伝統を受け継ぐ「シュタイフ」のトレードマーク、「ボタン・イン・イヤー」のタグが付けられている。白地に赤文字のタグは、限定品の証だ。

「リトルサンタ2022」は日本でのみ発売され、1500体限定。サイズは幅15.5cm、奥行10cm、高さ25cmで、重さは約580g。価格は税込¥38,500となっている。

No image
No image

「シュタイフ」は、世界で初めてテディベアを生み出したことで知られ、「素材へのこだわり」「丁寧な縫製」「世界基準の品質管理」に定評がある。欧州では、赤ちゃんが生まれた時に、出産祝いとしてテディベアを贈ることが習慣となっているが、「出産祝いならシュタイフ」と言われている。

「リトルサンタ2022」を、自分や大切な人へのクリスマスプレゼントとして、または、出産祝いとして贈ってみては。

公式オンラインショップ:https://www.steiff-onlineshop.com/

(オガワユウコ)

オガワユウコ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加