大好きなイギリスへ、おひとりさま旅16~久しぶりの恋心~

大好きなイギリスへ、おひとりさま旅16~久しぶりの恋心~

  • note
  • 更新日:2023/09/20

クリーム色のその建物が「やっとここまで来れたね」と出迎えてくれたみたい。
呼び鈴を押そうとしたとき後ろから声がかかった。
「Hello! Are you coming in ?」
ここの宿の奥さんだった!
「ちょっと待っててね。今ドアを開けるわ。」

No image

お泊りした宿、『ASHBURTON COURT』

宿のご主人も登場。
「ウエルカム!よく来たね!」
「ありがとうございます!とっても素敵な所ですね。」
「ありがとう!日本から来たって?
料理学校楽しみだね。」
料理学校の講習生はここによく泊まりにくる。
年齢はバラバラだけど、みんな料理が好きで習いたくて、
遥々ここイギリスのデボン州までやってくるのだ。
「よし!Yukiの部屋へ案内しよう。スーツケースはこれ?」
「はい・・でもすごく重いです。階段しかないですよね?」
「ノープロブレム!ぼくが3階まで運ぶからね。」
宿のご主人が私のスーツケースを手に取った。
「うわ!ほんとに重い!春夏秋冬ぜんぶの服を持ってきたの!?」
イギリスのちょっとした、
こんなジョークが好き ♡
「違います~。チョコレートとショートブレッドがいっぱい入ってます笑」

No image

宿の階段。これまたかわいい♡

ご主人は70歳くらいかな。背がすらっと高くて動きが軽やか。
重たいと言っていたけど、難なくスーツケースを運んでくれた。
かっこいい!

こじんまりとした部屋だけど十分な大きさ。
古めかしい窓枠。こうゆうの好き。
窓から見える景色もかわいい。
はぁ・・・かわいくて幸せのため息が漏れる。

https://www.ashburtoncourt.com/

そうだ Jさんにチャットを送ろう!
「Hi Jさん!宿に着きました!」
すぐに Jさんがオンラインになり既読が付いた。
「HI Yuki  今日は楽しかった?」
すぐに返信をくれる Jさん。
これが胸きゅん。(死語?)
「はい!楽しかったです! Jさんは良い1日でしたか?」
「Yes Hun, I had a great day.」
どきっ!『Hun (ハン)』って言われた。。
ネイティブは気軽に使っているのだろう、この呼びかけ。
Honey (ハニー) の略の『Hun 』。
私の勝手なイメージは、Honeyは誰にでも使えるカジュアル用語で、
『Hun』 はもっと親しみを込めている相手に・・・と思っていた。
あぁ、これは都合の良い解釈だとわかって少しがっかり。
グーグルで検索してもお分かりのように、
Honey も Hun もカジュアル用語。
Hun は単に略しただけ!

「Can I call you ?」電話してもいいか、
Jさんに聞いてみた。
「Yes hun」
ビデオマークを押す前に髪を整え深呼吸。ふー。

「Hi ! How have you been ?」
「Hi Jさん!元気ですよ、Jさんも?」
「ぼくも元気だよ。大きなベッドだね!」
かわいい部屋の、大きなベッドに私は座っていた。
「そうなんです。大きいでしょ?部屋も素敵なんです。」

No image

おとぎ話に出てきそうな、かわいい部屋!

「明日は何するの?」
「明日はゆっくりこの辺りを見てまわります。とってもかわいい町なんですよ。」
「それはいいね!あさってが料理学校だよね?」
「はい、あさってです。楽しみ!」
「何作るの?」
「えーっと、メキシカンコースなので、メキシカン!」
「メキシカン!?おもしろそうだね。」
Jさんは私の話をよく聞いてくれて、「それいいね」って肯定してくれる。
そうゆう所が好き。

「Jさんは夜ごはん、何食べたんですか?」
「えっとね、フィッシュアンドチップスだよ。息子と一緒にね。」
「わ~、いいなぁ。私イギリスに来てるのに、まだ食べてないんです。」
「それは絶対食べなきゃ笑。大きいから、小さいのにしなね。」
「はい!明日お昼にお店探して食べてみます♪」
他愛のない話しで、もう1時間も経過していた。

「それじゃ、疲れているだろうから、休むんだよ。また話そう。」
「はい!また明日。」
ほんとはもっともっと話していたいけど、おとなしくしよう。
私は単純だ。うん、思い出した。
好きになったら一直線。
だけどこんな気持ち17年ぶりくらい。
ひさしぶり過ぎて「まだ人を好きになれたんだね」と驚く。

明日はこの町を探検しよう。
いっぱい写真も撮ろう。
そしてフィッシュアンドチップスを食べるんだ!
Jさんに報告したいから!

ここまでお読みいただきありがとうございます。
次回へ続く。。。

このクリエイターの記事をもっと読む

YUKI

No image

3人の子育て母さん&主婦しながら仕事も同時進行中。そろそろ子離れできるか!?と第二の人生を模索中。イギリスは第二の故郷。将来はイギリスで暮らせたらと夢見て。ファッション、映画、料理、旅行、読書、Youtube、好きです。「そろそろアラフィフ」主婦の日記です。

見出し画像:

Atelier hanami(https://note.com/hananosu)

YUKI

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加