マツダが「CX-3」の仕様を一部変更 ブラックが決め手の特別仕様車も

マツダが「CX-3」の仕様を一部変更 ブラックが決め手の特別仕様車も

  • webCG
  • 更新日:2021/10/14
No image

この記事の画像を見る

マツダは2021年10月14日、コンパクトSUV「CX-3」の一部改良と、その特別仕様車「Super Edgy (スーパーエッジー)」を発表した。発売時期は同年11月下旬になる予定。

特別仕様車のスーパーエッジーは、ピラーからルーフまでをブラックで統一した2トーンカラーの外装が特徴。ホイールやボディー全周のボトム部もつや感のあるブラックとし、流麗でエレガントな躍動感を演出したという。ボディーカラーは新規設定された「プラチナクォーツメタリック(ブラックキャビン)」を含む全4種。

一方インテリアは、ブラックを基本にダッシュボードやドアトリム、フロントシートバックなどにホワイトを配色。シート背面の中央部分や座面、エアコンルーバーリングには、カッパー(赤銅色)をアクセントとして添えた。またシートの座面および背面の中央部分にスエード調人工皮革のグランリュクスを使用。サイドサポート部は滑らかな質感の人工皮革で仕立てられている。

価格は以下の通り。

【1.5リッターガソリンモデル(6段AT)】

15Sスーパーエッジー(FF車):249万1500円

15Sスーパーエッジー(4WD車):273万3500円

【1.8リッターディーゼルターボモデル(6段AT)】

XDスーパーエッジー(FF車):297万円

XDスーパーエッジー(4WD車):321万2000円

CX-3の商品改良の具体的な変更点は以下の通り。

前後のホイールアーチ部分をカバーするクラッディングと、フロントおよびリアバンパー下部をグロスブラック仕上げに。足元を引き締め優美さと精悍(せいかん)さを増すというドレスアップのセットオプション「ブラックグロッシーパッケージ」を追加設定した。(対象グレード:「15Sツーリング」「15Sアーバンドレッサー」「XDツーリング」 ※AT車のみ)

スマートフォンのワイヤレス充電機能(Qi規格)をオプション設定した。(対象グレード:「15Sスーパーエッジー」「XDスーパーエッジー」)

スマートフォンを取り出さずとも自動接続できる「Apple CarPlay ワイヤレス接続」をオプション設定。(対象グレード:「15Sスーパーエッジー」「XDスーパーエッジー」)

フロント窓ガラスにたまった雪を取り除きやすくする「ワイパーデアイサー」を4WD車に標準設定。

全車でマツダコネクトセンターディスプレイの画面サイズを7インチから8インチへ拡大。

全車に「プラチナクォーツメタリック」のボディーカラーを追加設定。

価格はガソリン車が189万2000円~273万3500円で、ディーゼル車が228万4000円~321万2000円。

(webCG)

この記事の画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加