ほどよく脂が落ちてキャンドルが灯るビッグフォレストのプレートセット「グリルプレートぽたり」が優秀すぎる!

ほどよく脂が落ちてキャンドルが灯るビッグフォレストのプレートセット「グリルプレートぽたり」が優秀すぎる!

  • @DIME
  • 更新日:2021/02/21
No image

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

炭火料理の真骨頂は網焼きだ。ほどよく脂が落ちてヘルシーに仕上がるのはご存じの通り。一方で、蓄熱性にすぐれた小さくて分厚い鉄板は均一でジューシーな焼き上がりが自慢だ。

食材や好みの焼き上がりを目指して選べばいいわけだが、このところ勢いがあるのは小型鉄板。小型鉄板は手軽に扱えてソロキャンプではメインの調理器具、ファミリーキャンプではバーベキューの焼き網に載せて並行して調理ができるなど活躍の場は広い。

鉄板の厚み、広さ、デザインなど各社それぞれにこだわりがあるわけだが、この春登場した「グリルプレートぽたり」(6380円)は、ほかのどの小型鉄板とも一線を画した製品となっている。

No image

「グリルプレートぽたり」は栃木で鋳物に取り組む大森鋳造所のブランド「ビッグフォレスト」製で、プレートとキャンドル用受け皿、芯立てのセット。

プレートで肉を焼いたときに出る脂を使い、食後に脂を用いたキャンドルに火を灯してやすらぎの時間をすごそうというバカバカしくも新しい発想のセットなのだ。

No image

プレートはアルミ鋳造でW20×D17×H2.5cm、折りたたみ式の真ちゅうの取手付きで重量850g。一番厚いところで2cmほど、一番薄いところで約0.5cmの厚みになっていて、手にするとアルミ製とは思えないほどずっしり重厚感がある。

デザインが異なるので一概に比較できないがW21×D15cmの他社製ソロ用鉄板は板厚が5mm厚のものが1kg、6mm厚のもので1.5kg。

そう考えると「グリルプレートぽたり」は片手で持っても苦にならない程度に抑えられていて、かなり手軽に扱える。

No image

プレートの中心から角に向かって山折りになっていて、プレート中央に伸びる十字の谷折り(溝)に脂が集まる形状だ。また、全体に傾斜していて、ハンドル側では浅い溝なのにだんだん深く幅広になっている。これも脂の流れを計算した形なのだろう。

山折り部分から谷折りに向かって、合間にも繊細な溝が刻まれており、プレスしたプレートとはひと味違う鋳造らしい構造だ。

プレートはフッ素樹脂コーティングが施されているので、肉からジワジワ出た脂は余さず溝に流れ込む。

No image

溝の先には小さな穴が空いている。穴は片側(ハンドル側)に小さなフチがあるため、穴の一方向から脂が落ちるというわけ。

そして、この穴から落ちた脂を、セットの小皿で受け止める。サムギョプサルやジンギスカン用の鉄板と似たシステムだ。

No image

脂がたまった受け皿に、芯立てを載せてしっかり脂を吸わせたらマッチで着火してキャンドルとして使う。

肉を焼いてキャンドルを灯してみた

百聞は一見にしかず。実際に肉を焼いて、脂が生み出す光を愛でよう。

No image

豚バラブロックを3mmほどの厚さに切って、3枚分をプレートに載せてみた。

フッ素樹脂コーティング済みなので、強火は苦手。油をひかずにプレートが冷たい状態で肉を載せ、弱火〜中火でじっくり火を通した。

写真は、自分で肉を切ったため厚さにムラがあり、一番右の肉だけまだひっくり返していない状態。プレートの厚みは異なるが、極端な焼きムラは生じていない。

No image

肉表面からジワジワと脂がにじみ、中央の溝に脂が流れ込みぽたりぽたりと脂が落ちる。

No image

肉を1枚よけてみると、脂が先端の穴に向かって流れている様子がよくわかる。

No image

たった3枚の肉だけど、流れ出た油は受け皿(W6.8×D6.8×H2.5cm)いっぱい! ニンニクやタレを漬けずに焼いたので、脂は透明で臭みもほとんどない。また、熱で肉は香ばしい茶色になったが、脂は透き通っている。

No image

付属の芯立てを準備する。といってもあらかじめ芯立てに芯が通っているので先端の長さを調整するのみ。

芯は、フュアハンドなどオイルランタンの芯に似ているので短くなったら取り替えられそうだ。ただし、歯車がないので芯立てに通すのは大変そう。

No image

10分ほど浸して、芯に脂がしみこんだら着火。肉から出た脂だが、タレを使わなかったためか匂いはせず、雰囲気がいい。

ただ、気温10℃で風速3mという環境だったため、徐々に受け皿の周囲から脂が固まってきた。そのまま放置しておくと芯がうまく脂を吸わなかったのか、いつの間にか立ち消えていたことも。

肉の種類によって多少異なるが脂の融点はおおよそ30℃以上なので、冬キャンプではなく温かい時期のほうがよさそうだ。食用オイルを少し垂らしてもいいのかも。

ちなみに、肉を焼きながらキャンドルを灯すと発火しかねないのでこれはNG。ファミリー利用で大量の肉を焼く場合は、別のアルミ皿も用意しておこう。

肉の脂を用いるキャンドルは、これをメインの光として使うには安定感も光量も心許ない。しかし、遊びとしてはおもしろいし流行のオイルランタンやキャンドルに似た光は雰囲気だって悪くない。何よりも「こんなに脂が出るなんて!」と驚き、ダイエット意識が高まる。片付けも楽なので、実用性にも富んでいる。ばかばかしいけれどもおもしろくて結構使える、そんなプレートだ。

【問】スター商事https://www.star-corp.co.jp

取材・文/大森弘恵

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加