利用率まだ11%...さあ!現物見てみて! チカホで「ふるさと納税」推進イベント...北海道15自治体が参加

利用率まだ11%...さあ!現物見てみて! チカホで「ふるさと納税」推進イベント...北海道15自治体が参加

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

ふるさと納税の返礼品の現物を見て、その場で納税できるイベントが札幌市中央区の地下歩行空間で11月25日から始まりました。別海町のホタテ、松前町のウニ、そして稚内市のカニ。どれも「ふるさと納税」の返礼品です。地下歩行空間で始まったこのイベントは、道内15の自治体が参加していて、その場で返礼品の現物を見て納税することができます。総務省によりますと、全納税者のうち11%ほどしかふるさと納税を利用していないことから、広く制度を周知するため企画されました。イベントは11月30日までで、12月2日からは第2弾も行われます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加