コア・コンピタンス、クロージング、マーチャンダイジング、覚えておきたいビジネスキーワード4選

コア・コンピタンス、クロージング、マーチャンダイジング、覚えておきたいビジネスキーワード4選

  • @DIME
  • 更新日:2021/05/03
No image

@DIME記事の中からビジネス用語に関する記事4本を厳選して紹介。

新聞やニュースでよく見るビジネス用語「コア・コンピタンス」とはどんな意味?

No image

ビジネスシーンやニュースで、「コアコンピタンス」という言葉を耳にしたことはないだろうか。これは企業経営において重要な概念だが、「いまいち理解できていない」という人も少なくない。 そこで本記事では、コアコンピタンスとはどのような概念なのか、わかりやすく解説する。コアコンピタンスの概念を理解したら、ぜひ「コアコンピタンス分析」も取り入れてみてほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/1077999/

営業、販売、恋愛で使われる言葉「クロージング」の正しい意味と使用事例

クロージングとは、「閉める」を意味する英語「クローズ(close)」の派生語。日常ではあまり馴染みのない言葉だが、ビジネスの世界ではよく利用されている。飲食店などの店舗では「締め作業」の意味で使われることもあるが、ビジネスシーンでは接客を伴う販売や営業の場面で、「購入や契約成立の過程」を表す言葉として用いられる。 本記事では、まずクロージングの意味を解説した上で、クロージングを行う上でのポイントや効果的な取り組みを解説する。

【参考】https://dime.jp/genre/1074956/

マーケティング用語としてよく使われる「チャネル」とはどんな意味?

No image

ビジネスシーン、特にマーケティングの分野ではお馴染みの「チャネル」という言葉。当たり前のように使われているが、元の英語の意味や"チャンネル"との違いについて理解している人は、意外と少ないかもしれない。 そこで本記事では、チャネルを理解するために知っておきたい基礎知識を紹介する。元の意味から派生した、他の業界やサービスで使われているチャネルの意味も併せて理解しておこう。

【参考】https://dime.jp/genre/1082921/

流通・小売業でよく使われる「マーチャンダイジング」とはどんな意味?

No image

ビジネス用語の中には、特定の業界のみで使用されている言葉があります。『マーチャンダイジング』もその一つで、流通・小売業に特化したマーケティング用語です。マーチャンダイジングの基本的な仕組みと種類、重要な五つの適正について、分かりやすく解説します。

【参考】https://dime.jp/genre/1066858/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加