【丸亀製麺 冬の新メニュー】牡蠣が6個入った「牡蠣たまあんかけうどん」に牡蠣好き大歓喜

【丸亀製麺 冬の新メニュー】牡蠣が6個入った「牡蠣たまあんかけうどん」に牡蠣好き大歓喜

  • smart
  • 更新日:2022/11/25

寒い日に食べた丸亀製麺の冬季限定商品『俺たちの豚汁うどん』『俺たちのニラバタ豚汁うどん』がマジで最高だった!という件は先日記事にした通り。

【丸亀製麺 冬の新メニュー】寒い日に食べた『俺たちの豚汁うどん』が最高だった!11月29日より販売開始

しかし、丸亀製麺の冬季限定メニューはそれだけにとどまりません。玉子あんかけうどん4種と鍋焼きうどんも11月29日(火)から登場するのです!そちらも先行試食会でいただいてきました。

No image

『牡蠣たまあんかけうどん』(手前)と『鍋焼きうどん』

「あんかけうどん」と「鍋焼きうどん」。冬に“ハフハフ”言いながら食べるのに、こんなにぴったりなメニューもありません。あんかけ=熱い&冷めにくい、というイメージを抱いている方も多いと思いますが、丸亀製麺のご担当者曰く「玉子あんかけうどんは丸亀製麺で最も熱い(ホットな)商品かもしれません」とのこと。どれだけあったまるんだ

いざ、実食です!

ぷりぷりの食感がたまらない “浜ゆで”牡蠣がなんと6個もin! 『牡蠣たまあんかけうどん(温)』 (並720円、大850円、得980円)

No image

猫舌でもフーフーいいながら食べましょう!

まずはじめに白状すると、私は大の牡蠣好きです。スーパーマーケットで牡蠣フライが目に入るとすぐカゴにinしちゃいますし、大ぶりの牡蠣を軸になんの鍋を作るかを毎週末に考えるのが冬の楽しみです。

そんな大の牡蠣好きの私も、うっとり見入ってしまうトゥルントゥルンの美しい牡蠣が6個も鎮座……。見るからに新鮮で、身が引き締まっており、旨味が詰まっているように見えるのは、広島県産で、収穫後すぐに海水で殻ごと茹でる「浜ゆで」の牡蠣を使っているからだそう。食べてみると、そのプリッとした瞬間がたまりません。

No image

プリプリでたまりません

また、とろみのある玉子あんかけだし(つゆ)と、各店舗で毎日製造しているという国産小麦粉うどんが合うこと合うこと。確かに“前評判”通りかなりアツアツですが、つゆにも行き渡った牡蠣の出汁、磯の味わいをフーフー言いながら食べ進める時間は至福のひとときです。

玉子あんかけうどんメニューは全4種で、『牡蠣たまあんかけうどん』のほかには、『紅生姜玉子あんかけうどん』『明太玉子あんかけうどん』『玉子あんかけうどん』がラインナップ。大ぶりの紅生姜バラ天がのった「紅生姜玉子あんかけうどん」が今季の新作です。さて、続いては……。

計算され尽くした具の数々。 アツアツの代名詞といえばコレ 「鍋焼きうどん」 (並790円)

No image

具の“オールスター”具合がすごい

もう1つの限定メニューは冬のうどんと言えばな「鍋焼きうどん」。店では注文を受けてから作り、最終的な煮込みも客の目の前で行うというエンタメ性も備えている。具材はと言えば、えび天、春菊、白ねぎ、油揚げ、温泉玉子、かまぼこ、しいたけ、肉団子という、どれから箸をつけるか悩ましい充実の布陣。鍋焼きだし(つゆ)は以前販売したものと比べてやや甘めにしたのも今季のアップデートポイントです。

寒い冬の暖はダウンとあったかい食べ物でとれ――。これは世間の常識。外を歩いていて寒いと感じたら、丸亀製麺に駆け込みましょう。あぁ~美味しかった!

丸亀製麺 冬の限定メニュー
・「牡蠣たまあんかけうどん(温)」(並720円、大850円、得980円)
・「紅生姜玉子あんかけうどん(温)」(並580円、大710円、得840円)
・「明太玉子あんかけうどん(温)」(並580円、大710円、得840円)
・「玉子あんかけうどん(温)」(並490円、大620円、得750円)
・「鍋焼きうどん(温)」(並790円)
※2022年11月29日~2023年3月上旬販売(「牡蠣たまあんかけうどん」のみ1月下旬まで)
※「牡蠣たまあんかけうどん」のみテイクアウト非対応
※「鍋焼きうどん」は沖縄、九州、愛知、埼玉の店舗では販売なし。持ち帰りの場合はアルミ鍋で提供されるため、直火による温め直しが可能。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加