大阪府の感染者、前週の4.9倍 第6波は想定外の感染スピード

大阪府の感染者、前週の4.9倍 第6波は想定外の感染スピード

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/01/15
No image

通天閣とその周辺=大阪市浪速区で、本社ヘリから加古信志撮影

大阪府は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに3692人確認され、過去最多になったと発表した。これまでの最多は、「第5波」さなかの2021年9月1日の3004人だった。府は3000人を上回るのは1月下旬とみていたが、オミクロン株の影響で想定を超す感染拡大が起きている。

【新型コロナウイルス飲み薬のメカニズムと開発状況】

1日当たりの新規感染者数は前週土曜(8日)の891人から2801人増えた。新たに判明した死者はいなかった。一方、茨木市で10日にあった成人式に参加したグループの中で会食やカラオケを通じて感染が広がり、16人のクラスター(感染者集団)が発生したことも分かった。

府内の感染者は15日までの1週間で計1万2669人となり、前週(2~8日)の計2571人から約4・9倍になった。

感染拡大のスピードもこれまでになく速い。第5波で1日当たりの新規感染者数が1000人を初めて超えたのは7月31日(1040人)で、約1カ月後の9月1日に当時最多の3004人に達した。今回の第6波では、1000人超の1711人を確認した1月12日から、わずか3日で3000人を大幅に超えた。府は7日の対策本部会議で、第5波の2倍のペースで感染が広がった場合、21日に新規感染者が3000人を超えると試算を示していたが、想定を超えた。

病床使用率は24.1%

病床も徐々に埋まってきている。15日現在の病床使用率は24・1%で、1週間で10・9ポイント上昇。府は7日から医療機関に入院させる患者を、中等症以上か、65歳以上や基礎疾患がある人に限定しているが、使用率は増加の一途だ。吉村洋文知事は、35%に達した段階で「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請する考えを示している。

自宅療養者は1カ月前には50人だったが、15日現在、7600人まで増えた。府は、重症化リスクがない40歳未満の人などは原則自宅で療養するよう要請。24時間対応のサポートセンター(0570・055221)を開設し、電話による健康相談などに応じている。【村松洋】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加