Bリーグ・名古屋の齋藤拓実「自信を持って臨みたい、本当に楽しみ」、CSへの意気込みを語る!

Bリーグ・名古屋の齋藤拓実「自信を持って臨みたい、本当に楽しみ」、CSへの意気込みを語る!

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2022/05/13
No image

CS川崎戦はいよいよ目前!ゲームをコントロールする齋藤にとって、痺れる試合が続きそうだ。

桐光学園高、明治大を経てプロ入りし、昨シーズンから名古屋ダイヤモンドドルフィンズでポイントガードとしてチームを牽引する齋藤拓実。昨年は日本代表に選出されるなど、新たなステップを踏んだ逸材は、所属チームを西地区3位に導き、チャンピオンシップ進出に大きく貢献している。

そんな齋藤に「CoCoKARAnext」が独占インタビューを実施。今季を振り返りながら控えるチャンピオンシップ(CS)について聞いた。

【動画】齋藤拓実がCSを前に激白!川崎戦“勝利のイメージ”は?今シーズンの転機になった試合は?

――レギュラーシーズンが終わり、3位でのCS進出が決まりました。まずは、ここまでの結果を振り返っていかがでしょう?

「今シーズンはヘッドコーチも外国籍選手も全員代わり、結構ガラッとチームが変わりました。ショーン・デニスコーチのやりたいバスケットは複雑なシステムもあるので、開幕2連敗してしまったりとか、時間がかかるかなと思っていたんですが、シーズン中盤から後半にかけて、だいぶチームがフィットしてきて、勝率もかなり上がってきた中で強いチームにもしっかり勝ちきれるようになりました。

シーズンを一緒に戦ってかなり成長したのを実感していて、実際にプレーしていて楽しさもすごい感じますし、このメンバーでCSに出られるようになったのがすごい良かったなって思いますね」

――日本代表の試合も重なり、多くの試合をこなしたシーズンでしたね。

「チームでの試合がないタイミングで代表の試合を経験して、今まで代表で戦ってきた選手たちはすごいなって思いました。自分のチームと代表でのバスケの切り替えは初めてで、やっぱりかなり苦労した部分があった。タフなスケジュールを戦い抜くっていうのはやっぱり難しいことなんだなって思います。

その中で代表の選手たちと一緒にプレーして、実際に盗めるものがあったりとか、こういう考えを持ってやったりしてるんだとか、学ぶこともたくさんあった。なので、そういった意味で、代表に入る事がものすごく自分の中でも大きな刺激の1つでした。

ただ、自分のコンディションの部分がシーズン終盤にかけて、シュートの確率がちょっと落ちてしまった。そういう部分もやっぱりうまく調整できてなかったかな、っていう反省の1つです。コンディションの部分もかなり大変にはなるとは思うんですけど、そういった中でどう戦っていくかも経験できたシーズンだったのかなって思いますね」

――この1年間で最も成長できた部分は?

「ここっていうのは正直あんまりなくて…。しっかりコミュニケーションを取るようにとか、練習の時からポイントガードから声に出すようにという意識は、ポイントガードに必要な要素の1つ。そこはシーズンを通して自分一人で成長したわけではなく、ヘッドコーチやチームメートと一緒に戦ってきて、長いシーズンを戦えば戦うほど大きくなっていくのをすごく感じました。

代表に呼ばれることは初めてでしたが、意見があれば自分からかなりコミュニケーションを取っていましたし、もっとこうした方が良いんじゃないかというのも選手やヘッドコーチ、アシスタントコーチと話し合えた部分がありました。そこが、やっぱり試合に勝つために大事な答えになると思います」

――今シーズンでターニングポイントになった試合はありますか?

「開幕2連敗して、その後もずっと1勝1敗で終えることが多かったんです。なかなか勝ちきれない試合が多かった中で、12月の京都戦の4試合で、かなりディフェンスのシステムがフィットしたのを感じました。そこからはやっぱり連勝できましたし、年が明けてから強豪チームに対しても同じようなことができた。12月の初めの試合でかなりディフェンスがフィットしたのはすごく感じたので、そこはターニングポイントだったのかなって思います」

――CSでは、プロスポーツ選手冥利に尽きる、しびれる試合や展開が続くと思います。意気込みは?

「最終的に対戦相手は川崎になりましたが、自分たちは夏からやってきたことを遂行していくだけ。外国籍選手が怪我でコートに帰って来られるかわからないので、やっぱリバウンドがかなりキツくなると思う。そこを出場している5人全員でカバーしていくことができれば、流れをもって来られるはずです。それができた試合は、シーズン終盤の外国籍選手が2人いない厳しい中でもしっかり勝ち切れました。

オフェンスに関しては、自分たちが間違ったことをやらなければ、止められるチームはいないと思うので、そこは自信を持って臨みたいと思います。なので、本当に楽しみです」

――対戦相手の川崎のイメージは?

「僕らは怪我人が多いので、川崎はかなりインサイドを攻めてくることが想像できますが、そこをインサイドの選手一人に任せるとファールトラブルになってしまうので、そこはやっぱトラップチェックしたり、ダブルチームで対応したい。それでも川崎はパスの上手い外国籍選手もいるので、パスで飛ばしてくるでしょう。ただ、そこを5人でローテーションできるシステムを自分たちは持っている。自分たちのディフェンスを変えるべきではないと思うので、本当に前線からプレッシャーをかけて、相手のリズムを狂わせて、そこから自分たちの速いバスケットの展開にも持ち込めれば、自ずと結果がついてくるかなとは思っています」

今シーズンはチーム内での競争に加えて、代表経験をしたことで大きく飛躍した齋藤。これから迎える大一番、CS川崎戦での勝利のイメージはつかめているようだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加