左肘脱臼のミランFW、インテルとの“ミラノダービー”欠場へ

左肘脱臼のミランFW、インテルとの“ミラノダービー”欠場へ

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/10/16
No image

【写真:Getty Images】

ミランに所属する27歳のクロアチア代表FWアンテ・レビッチが、左肘脱臼により現地時間17日に行われるインテルとの“ミラノダービー”を欠場する見通しになった。15日に伊メディア『ミランニュース24』が報じている。

現地時間9月27日に行われたセリエA第2節のクロトーネ戦で先発したレビッチは、2点目となるブラヒム・ディアスのゴール直後に左肘を痛め、58分にロレンツォ・コロンボと交代してベンチに下がっていた。

同メディアによると、左肘脱臼の治療は続いており、戦列に復帰するべきではないとの判断が下されたという。怪我の悪化を回避するため、大事を取ってインテル戦を欠場する見込みになったようだ。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加