原口先発ウニオンがベルリンとのダービー快勝で白星発進《ブンデスリーガ》

原口先発ウニオンがベルリンとのダービー快勝で白星発進《ブンデスリーガ》

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/07
No image

ウニオン・ベルリンは6日、ブンデスリーガ開幕節でヘルタ・ベルリンとのベルリン・ダービーをホームで戦い、3-1で快勝した。ウニオンのMF原口元気は78分までプレーしている。

【動画】【海外日本人】絶好調の天野純がKリーグ7点目

昨季ブンデスリーガで5位と大健闘だったウニオンは、原口が[3-5-2]の右インサイドMFの位置でスタメンとなった。

残留プレーオフに回ったものの何とか降格を免れたヘルタに対し開始30秒、ケディラが決定的なシュートを浴びせたウニオンが圧力をかける入りとする。

そして27分にはボックス手前左からライアーソンの放ったミドルシュートが枠を捉えたが、GKクリステンセンの好守に阻まれた。

その後、29分に原口がボックス左からシュートを浴びせたウニオンは31分に押し切る。左サイドに流れたベッカーのクロスをニアサイドのペフォクがヘッドでうまく流し込んだ。

先制したウニオンは続く38分、ペフォクのスルーパスからボックス左のライアーソンが追加点に迫った中、迎えた後半開始5分に2点目。ハベラーの浮き球パスに抜け出したボックス左のベッカーが確実にGKとの一対一を制した。

そして54分、CKの流れからクノッヘがヘディングシュートを決めて3-0としたウニオンは、終盤の85分にルケバキオに一矢報いられるも3-1で快勝。ダービーを制し、幸先の良いスタートを切っている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加