石川県白山市に災害ごみ仮置き場設置 大雨で水に浸かった家財道具などが運び込まれる

石川県白山市に災害ごみ仮置き場設置 大雨で水に浸かった家財道具などが運び込まれる

  • テレビ金沢NEWS
  • 更新日:2022/08/06
No image

記録的な大雨の被害を受けた石川県白山市で、6日から災害ごみの仮置き場が設置され、水に浸かった畳や家具などを持ち込む人が訪れていた。県のまとめによると、今回の大雨による被害は小松市で7人が軽傷、住宅32棟が床上浸水、241棟が床下浸水した。

記録的な大雨の被害を受けた石川県白山市で、6日から災害ごみの仮置き場が設置され、使えなくなった家財道具などが運び込まれている。

災害ごみの仮置き場は、6日午前9時から白山市内に設置され、大雨で水に浸かった畳や家具などを持ち込む人が次々と訪れていた。

県のまとめによると、今回の大雨による被害は小松市で7人が軽傷、住宅32棟が床上浸水、241棟が床下浸水となっている。

被災した市では災害ボランティアを募集していて、小松市は県内在住の人、白山市と能美市は市内在住の人が対象だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加