古坂大魔王さんが語る“地域発信” 県内の企業経営者に講演 「伝統を見せるには程よい破壊も」【愛媛】

古坂大魔王さんが語る“地域発信” 県内の企業経営者に講演 「伝統を見せるには程よい破壊も」【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2022/11/25

PPAPのピコ太郎のプロデューサーとしても知られるお笑い芸人の古坂大魔王さんが愛媛の企業経営者たちに講演し、地域発信について持論を展開しました。

24日に行われた愛媛県商工会議所の会合に講師として招かれた古坂大魔王さん。

松山の野球拳おどりをアレンジした「ベースボールダンス」の総合監修を務め、愛媛ともゆかりがあるお笑い芸人です。

古坂さんの講演のテーマは「愛媛から世界へ!」。

地域のコンテンツを世界に発信する方法について持論を展開しました。

古坂大魔王さん:

「古い伝統のものをブラッシュアップするとかアップデートするっていう、新しくしていこう、見せるためには何が必要か。そこでやっぱり一種違和感があるとか、あとは程よい破壊とか、何よりも伝統があるというものを破壊する人は、きちんとした敬意をもって破壊していかないと」

古坂さんはSDGsにも詳しく、講演では企業のSDGsや子育て支援への取り組みが地域創生につながると指摘していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加