ひろゆき氏 現在も2、3カ月に一度は自身でプログラミングする理由は「こう直してって言うより...」

ひろゆき氏 現在も2、3カ月に一度は自身でプログラミングする理由は「こう直してって言うより...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/29

実業家の西村博之(ひろゆき)氏(45)が23日放送のテレビ朝日「仕事とお金のマジメな話」(木曜後8・00)にリモート出演し、現在も自身でプログラミングを行う理由を明かした。

No image

「ひろゆき」こと、西村博之氏

劇団ひとりってどんな人?略歴、トリビアも!

同番組はWebサービスの開発・運営事業などを行う「ココナラ」で働くITエンジニアに密着し、プログラミングの様子やそれぞれのこだわりなどを紹介した。VTRを見たMCの劇団ひとりは「ひろゆきさんはもともとエンジニアだったんですか?2ちゃんねるをつくったりした時」と質問した。ひろゆき氏は「そうです。なので(VTRを)見てて、あるあるだなと思ってた」と懐かしんだ。

ひとりが「最近はもうさすがにプログラミングはやってないんですか?」と現状について聞いた。これにひろゆき氏は「過去に書いたものを直したりとかで2、3カ月に1回くらいちょこちょこさわる感じです」と、現在も自身でプログラミングを行うことがあると明かした。

自身でプログラミングを行う理由については「人に頼む方が面倒くさい。システムを説明して“こう直して”って言うより、自分で書いた方が早い」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加