複合主戦場の葛西春香「飛んだことない」大ジャンプで2つ目シニアタイトル

複合主戦場の葛西春香「飛んだことない」大ジャンプで2つ目シニアタイトル

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

表彰台で笑顔を見せる左から2位一戸、1位葛西、3位小林(撮影・佐藤翔太)

<ノルディックスキー・ジャンプ:HTB杯>◇15日◇札幌・大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)

レジェンドが大ジャンプを披露した。男子の葛西紀明(49=土屋ホーム)が合計251・1点で3位に入り、今季初表彰台に立った。1回目に最長不倒となる143メートルで首位に立ち、2回目は129・5メートルにとどまって逆転を許したが、五十路(いそじ)を迎える今年、復調を予感させた。内藤智文(28=古河市協会)が271・9点で逆転優勝。女子は17歳の葛西春香(東海大札幌高3年)が183・8点で制した。

◇    ◇    ◇

女子で初優勝した葛西春香は、1回目最長不倒となる130・5メートルの大ジャンプで首位に立つと、2回目も2番目となる119・5メートルでまとめ、押し切った。複合が主戦場のホープが純ジャンプでも結果を残し、昨年12月の吉田杯に続くシニア2つ目のタイトルを手にした。

強い風雪で何度も試合が中断。目まぐるしく風が変わる難しい条件下でも、1回目にビッグフライトを繰り出し、勝利をたぐり寄せた。「今まで飛んだことのない距離。空中に出た時はすごくびっくりしましたが、気持ちいいジャンプができた。2回目はタイミングが合わなかったけど空中でうまくバランスを取ることができた」と笑顔で振り返った。

双子の姉優奈が、複合で今季W杯2度の表彰台に上がる活躍を見せる中で、国内の調整が続く。「早く追いつきたい。少しはプレッシャーをかけられていると思う」。今季は2月に最大目標の世界ジュニア選手権(ポーランド)が控えている。「今日の優勝は自信になりました。世界でも戦えるジャンプができてきていると思う。優奈と一緒に金メダルを取りにいきます」とさらなる高みを目指している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加