ヘタフェ監督 “侮辱された”クーマンとの会話を明かす「そんな行動は許さない」

ヘタフェ監督 “侮辱された”クーマンとの会話を明かす「そんな行動は許さない」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/10/18
No image

暴言行為の疑いがあるニョム.jpg

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督は1-0で勝利したFCバルセロナ戦後の記者会見で、問題となったMFアラン・ニョムのロナルド・クーマンに対する侮辱行為についてコメントを残した。

コリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われた一戦で敗れた(0-1●)、バルサのクーマン監督は、ヘタフェMFのアラン・ニョムに暴言を吐かれたことへ怒りを示していた。

クーマンは試合後、「彼は私に非常に醜い言葉を浴びせた。このことを受け入れることはできない。非常に醜いものだった」と同選手を非難した。

試合直後にはクーマンとボルダラスがその問題の“暴言シーン”について話し合っていた姿も見受けられており、ヘタフェの指揮官はこの時の様子を振り返っている。

ボルダラスは試合後、クーマンから「醜いことを言った」ニョムと話をするように、説得されたようだ。

「そう言われた。“ここではサッカーの話をしているが、論争ではない”と言われたのは事実だ。ニョムとはまだ話していない。日曜日に彼に話を聞いてみるが、競争心が強いニョムがそんなことを言ったのかどうかは疑問だが、私も誰もそんな行動は許さない。クーマンにはそう話したよ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加