ダルビッシュ有、連勝5でストップも古巣シカゴに思い入れ「地獄も天国も」

ダルビッシュ有、連勝5でストップも古巣シカゴに思い入れ「地獄も天国も」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

力投するダルビッシュ(AP)

<パドレス1-3カブス>◇9日(日本時間10日)◇ペトコパーク

古巣カブス戦に初先発したパドレス・ダルビッシュ有は、7回3安打2失点8奪三振と好投も打線の援護がなく、2敗目で自身の連勝は5で止まった。

3回まで完全投球。4回にソロ本塁打、7回に併殺の間に1点を勝ち越された。古巣相手に「意識しないようにした」と話した一方、打席へ向かう際にはカ軍の主砲リゾの登場曲を使用。試合後に、携帯メッセージで連絡を取り、「喜んでくれてました」と振り返った。シカゴでの思い出について「地獄も天国も味わった。みんなに支えてもらったので今でも感謝しています」と思い入れを明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加