岡山県内共通テスト会場 警戒強化 東大前切り付けで見回り増やす

岡山県内共通テスト会場 警戒強化 東大前切り付けで見回り増やす

  • 山陽新聞デジタル
  • 更新日:2022/01/16
No image

東京での切り付け事件を受けて急きょ掲示された特別警戒の張り紙=15日午後2時29分、岡山大津島キャンパス

末松信介文部科学相は15日、東大前で大学入学共通テストの受験生らが切り付けられた事件を受けて臨時記者会見を開き、文科省が警察庁に試験会場周辺の安全対策の強化を要請したと明らかにした。

事件を受け、岡山県内に13ある試験会場でも警備員や職員の見回りを増やすなど警戒を強めた。

岡山大(岡山市)では、津島キャンパス内の掲示板など7カ所に「警察官 巡回中 特別警戒実施中」と記した張り紙を掲示。同大から依頼を受けた岡山西署のパトカーがキャンパス付近を巡回した。環太平洋大(同市)や美作大(津山市)でも16日、会場付近で警察に警戒に当たってもらう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加