『ザ・ノンフィクション』令和にスマホ没収、丸刈りの過酷な修行生活「ボクらの丁稚物語 ~泣き虫同期 4年の記録~ 後編」

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/02/22

日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。2月21日は「ボクらの丁稚物語 ~泣き虫同期 4年の記録~ 後編」というテーマで放送された。

あらすじ

社員を怒鳴りつけようものならパワハラ、モラハラと騒がれるこの令和のご時世に「丁稚制度」を敷く、横浜の秋山木工。一点物の高級家具を手掛ける秋山木工に入社すれば、ケータイも恋愛も、酒もタバコも禁止で、家族との連絡も「手紙」だけになる。さらに男女の区別なく、みんな丸刈りだ。しかしそのような厳しい条件の中でも秋山木工の門をたたく若者は後を絶たず、2017年は5人が入社したが、その競争率は10倍だったという。しかし入社後は半数が脱落してしまうという。

厳しい秋山木工の丁稚制度だが、これは昭和18年生まれの秋山利輝社長自身が丁稚奉公で鍛えられた経験による。秋山は戦中戦後の混乱期において、鉛筆やノートが買えない貧しい家庭で育ち、自分の名前が書けるようになったのは中学2年生だったという。その後秋山は、16歳から5年間丁稚修行し家具職人となり、皇室の仕事を請け負うまでに職人としての技術を極めていった。なお、秋山木工は「一人前の職人になる」のがゴールであり、会社にいられるのは8年までとなる。

2017年春に秋山木工に入社したのは5人。入社半年で1人が脱落し4人になっていた。優秀でリーダー格ながらも、短気な久保田。佐藤は家族思いの涙もろい性格で、幼少期にI型糖尿病を発症し、パイロットの夢を諦め家具職人を目指す。加藤は代々続く造園業の跡取りだが、自分より年の若い同期・久保田から叱られることもある。内藤は家具屋の家で育ち、京都大学で建築を学ぶが勉強の意義を感じられず、引きこもりになり休学。父母の勧めで秋山木工へ進む。

久保田は1年半で退職を選ぶ。その約2年後にスタッフが尋ねると交際中だった女性と結婚し子どももでき、今は家具の取り付け職人として働いていた。佐藤は若手職人が腕を競いあう技能五輪に出場。年齢制限で技能五輪に出場できない加藤と内藤も、佐藤をサポートする。

技能五輪の全国大会当日、佐藤は糖尿病による低血糖でめまいを起こす。審判員が気づくほどつらそうな様子だったが、チョコレートを食べてしのぎ、制作に打ち込む。技能五輪の入賞は叶わなかったが、2017年組の佐藤、加藤、内藤は今も秋山木工で修行の道を歩んでいる。年に一度、秋山木工が行う展示会では、それぞれの家族が訪れ、作品に見入っていた。

番組の最後で秋山木工が年に一度行う展示会の様子が伝えられ、佐藤、加藤、内藤の家族が秋山木工を訪れ、はにかむ本人たちとうれしげな家族たちが印象的だった。

学生時代は入学式や参観日など、家族が立ち会えるさまざまな行事が存在し、その都度自分の成長を家族に見せることができる。これは本人だけでなく、見る側の家族にとっても張り合いのあることだったのではないかと思う。

一方、大人になればこういった節目はほぼなくなってしまう。家族に仕事を知ってもらう場所として展示会を設けるとは、秋山社長の計らいは粋だなと思った。大人になってからはなかなか得難い、本人にも家族にも忘れられない1日になったのではないだろうか。

こういった会社が増えてくれればとも思ったが、なにもこういったイベントに限らなくてもいいだろう。仕事でこんなことがあった、と話したり、聞ける機会や人間関係があれば、仕事に張り合いを持ちやすくなるのではないだろうか。

しかし現実は、仕事の話となるとどうしても「愚痴」などの形をとりがちだ。こんなことをやり遂げた、みたいに話すと自慢、マウンティングととられるから避けよう、という日本人の奥ゆかしさが根底にあるのかもしれない。

一方、SNSは、実際に顔を合わせず、かつ、匿名の人間関係で話すこともできるため、仕事の話をする場所としては敷居が低い傾向がある。しかしこれもSNSによって文化が異なり、facebook、インスタグラムは「キラキラさせる」一方、ツイッターは真逆で「労働は地獄だ」と悪しく言うのが「お作法」状態になっているように思う。

こういったことが「そのSNSにのっとった作法、振る舞い」だとわかっている大人ならともかく、あまり免疫のない若い世代がその価値観に染まってしまい、必要以上にキラキラしないといけないと焦ったり、必要以上に厭世的になるのは社会の損失のように思う。

そう考えると、秋山木工の若い世代にスマホにうつつを抜かさせず、一方で展示会という場を設け、成長を身近な人に披露する機会を作る、というのは、相当過酷ではあるが、一つのバランスのようにも思った。

番組内で、秋山木工で技能五輪を目指す2人の佐藤が紹介された。17年組の佐藤と、その先輩にあたり、技能五輪で通算二回銅賞を受賞した実力派の伸吾だ。佐藤と伸吾先輩は醸し出す雰囲気がどこか似ていた。

言葉にすると「実直」「浮ついてない」「物静か」「根気」「マイペース」などで、いわゆる「職人」というイメージに近いと思う。職人を目指しているからそういう顔つきになっていったのか、もともとそういう顔つきだったのかはわからないが、「一点ものの家具職人」としての適性を素人ながらに感じた。

一方、秋山木工を退職した久保田は、反応が遅めな同期に露骨に苛立ったりなど明らかにせっかちな若者で、信吾先輩や佐藤の雰囲気とは異なる。久保田が、じっくりと取り組む「一点ものの家具職人」から、仕事のスパンはそれより短いであろう「家具の取り付け職人」に転職したのは、性格に合ったよりよい選択に見えた。

営業、看護師、キャビンアテンダント、寿司職人など、その職業ならではのイメージする顔つき、雰囲気というのはある。もちろん、そのイメージに近くなくても優秀な人もいるため一概には言えないが、「っぽさ」というのは侮れないと思う。自分の顔つきと、自分の目指す道を先に行く人の顔つきに共通点があるか、雰囲気が異なりすぎないか、というのは、適職を探す一つのヒントになるのかもしれない。

次週の『ザ・ノンフィクション』は「声優になりたくて ~カナコとせろりの上京物語~」。30歳と22歳、声優を目指す2人の女性の、夢と現実の間で揺れる心を見つめる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加